【YOUR VOICE】国立科学博物館の「お問い合わせフォーム」現在利用ができません

この記事をシェアする

今月上旬、秋篠宮家の長男悠仁親王の【秋篠宮悠仁親王の「赤坂御用地のトンボ相 -多様な環境と人の手による維持管理」の調査時期について-】に関する記事を、皇室関連の様々なサイトで拝見しました。

その中で、調査時期(2012年~2022年)に、2021年(中学3年生)の時期が含まれていることに注目しました。この高校受験の準備期間、全国の国公立中学の中3生は、受験勉強はもちろん、将来の進路のことで親御さん、学校や塾の先生に相談し、志望校の検討等で忙しい時期です。

にもかかわらず、何故その時期も含まれているのでしょうか?



2021年当時、中3生だった方々はその1年間、学業と部活との両立はもちろん、趣味などを犠牲にしている時期と言っても過言ではありません。そんな時期に、トンボの調査はできないのではないでしょうか? 悠仁親王も受験勉強をされていたはずですし、悠長なことは言っていられません。

同世代の人たち、親御さん、学校の先生方はもちろん、ほかの世代の方々も、そのような時期に調査をなさっていたと知ったら、やはり不自然に思い、同時に憤りすら感じることでしょう。進学校の高校生と言えども、学生です。在籍している高校の授業、テスト、部活で忙しいはずなのに、矛盾しています。

中2の時の担任が、「授業は命」と折に触れておっしゃっていたことを思い出します。一言で言えば、学生の本分は学業であること、そしてそれをおろそかにしてはいけないという意味です。

その学生の本分である学業をおろそかにして、論文の共著発表は本末転倒です。また、理系に詳しくない私でも、大学院生が書くレベルの論文を高校生が日本語と英語で書けるはずがありません。

 
最後に、この点についてもお伝えします。

先ほど、国立科学博物館のサイト内にあるお問い合わせフォームから問い合わせをしようとしました。いくつかの項目に入力し、送信しようとしたら、「リンクが見つかりません」と言う英語のメッセージが表示されました。何かが起きているのでしょうか。

(東京都在住:SSさんより)

【関連記事】
【YOUR VOICE】トンボ論文について国立科学博物館に問い合わせをしてみました

画像および参考:
『国立科学博物館』トップページ【サーバーメンテナンスによるホームページの閲覧不可のお知らせ】

『国立科学博物館』お問い合わせ

(朝比奈より)
国立科学博物館のHPのトップページには、現在このような表示が。ひょっとして、「お問い合わせフォーム」がパンク寸前ということでしょうか。

ホームページのメンテナンスを明日12月18日に予定(画像は『国立科学博物館』のスクリーンショット)
ホームページのメンテナンスを明日12月18日に予定(画像は『国立科学博物館』のスクリーンショット)



****************

【YOUR VOICE】について

こちらは、普段ブログをお読みいただいている皆さまに、ご参加いただけるコーナーです。

皇位継承問題、現在の皇室典範、宮内庁はココがおかしい。そしてマスコミや週刊誌の適当な報道。

「もう黙ってはいられない」「私も言いたい」といった皆様の真剣な思いを、あなたも言葉にしてみませんか?

 

【ご協力をお願いしたいこと】

 

・メールで info@etcetera-japan.com へ。件名は「YOUR VOICE」でお願いいたします。

 

・簡単なタイトルもご準備ください。

 

・ご署名はお住まいの都道府県+イニシャルや仮名、またはSNSのアカウント名をご利用下さい。

 

・卑語の使用、デモやテロなどの危険な誘導、過激な表現はお断りいたします。

 

・弊ブログとは方向性が一致しない、男系男子論などの主張はお断りいたします。

 

・謝礼などはございませんが、どうぞご了承下さい。

たくさんの方のご参加をお待ちしております。