フォーダム大ロースクールも頭を抱える12名の司法試験「不」合格者と卒業生が投獄された裏口入学事件

この記事をシェアする
フォーダム大ロースクール卒の弁護士も投獄される(画像は『The Observer』のスクリーンショット)
名門私立大学・裏口入学スキャンダルではフォーダム大ロースクール卒の弁護士も投獄(画像は『The Observer』のスクリーンショット)

来月になると、小室圭さんのニューヨーク州司法試験3度目の結果がわかる。法律を指導したフォーダム大ロースクールも、おそらくやきもきしていることだろう。だが、この青年の入学を引き受けたことは正解だったのか。今回は、同大を悩ませる司法試験の「不」合格者の存在と、卒業生の弁護士が投獄されたスキャンダラスな裏口入学事件についてとなる。



毎年400名近くの学生が卒業し、9割超が初回の司法試験(7月に実施)で合格し、遅くとも卒業後2年以内に100%「近く」が合格しているフォーダム大ロースクール。まずは、今年になって発表された合格状況をご覧いただきたい。

再受験でも受からない12人に頭を抱える大学(画像は『Fordham University-Ultimate Bar Passage』のスクリーンショット)
再受験でも受からない12人に頭を抱える大学(画像は『Fordham University-Ultimate Bar Passage』のスクリーンショット)

これは2019年度卒業生382人の2年先までを追跡したもので、365人が司法試験を受け、96.71%に相当する353人が合格したとある。一方、繰り返し受けても合格できない者が12人いることもわかった。圭さんは今、まさにそういう存在になりつつあるのか。

彼がもしも再び不合格だった場合、そもそもロースクール留学に耐えうる素養があったのか、なぜ「成績優秀かつリーダーシップを取れる学生」が対象となるマーティン奨学金を受け取れたのか、そのあたりの疑惑が再燃するのは必至だ。

気になるのは、先の記事でも簡単にお伝えしていたが、アメリカでは学問に関する不正行為を公立・私立に関係なく厳しく罰するという事実だ。FBIが行った主に盗聴による「Operation Versity Blues/バーシティ・ブルース作戦」が奏功し、2019年は全米が名門私立大学・裏口入学スキャンダルで揺れた。贈収賄があったとされる54名が起訴され、次々と投獄されたのだ。

 

■マネロンのため慈善財団も設立

一連のスキャンダラスな事件の首謀者は、ウィリアム・リック・シンガーだ。進路指導を専門とする「The Edge College & Career Network」という会社を経営し、大学の職員、運動部のコーチ、試験監督官らと共謀。我が子の米国留学を希望するアジアの富裕層、ハリウッドセレブの「頭のよくない子供たち」を次々と名門私立大学に不正入学させていた。

名門私立大学を裏口入学スキャンダルに巻き込んだウィリアム・リック・シンガー被告(画像は『INSIDER』のスクリーンショット)
名門私立大学を裏口入学スキャンダルに巻き込んだウィリアム・リック・シンガー被告(画像は『INSIDER』のスクリーンショット)

シンガーはマネーロンダリングを目的に慈善財団「Key Worldwide Foundation」を設立し、裏口入学の依頼者には「大学への寄付金になる」と説明した上で、その口座への入金を指示。最たる例は、「娘をスタンフォード大に入れたい」という中国人の親に7億円以上を振り込ませていた。

この男が最初に悪事を覚えたのは2011年。徐々に件数が増え、ピークは2018年だったことを認めている。少なくとも750の家庭から2,500万ドル(現在の為替相場で35.5億円)もの賄賂を受け取っており、検事当局は最高で65 年の懲役と100万ドル以上の罰金を求刑。だが、重要証言を全部引き出せていないとして判決はいまだ下っていない。

ちなみに、我が子のために大金を支払った親は「被害者」ではない。贈賄の罪で多くが起訴され、一部が投獄され、子供たちは不正入学者として退学処分になっている。

 

■ハリウッド女優も次々と服役

名門私立大学を舞台にした裏口入学スキャンダルでは有名女優2人も刑務所へ(画像は『INSIDER』のスクリーンショット)
名門私立大学を舞台にした裏口入学スキャンダルでは有名女優2人も刑務所へ(画像は『INSIDER』のスクリーンショット)

人気ドラマ『フルハウス』のレベッカ役で知られる女優のロリ・ロックリン(写真・左)は、娘2人をカリフォルニア州の名門「南カリフォルニア大学」に裏口入学させ、罰金15万ドルの支払いを命じられるとともに、刑務所生活を2ヶ月間経験した。

また、映画『ファーゴ』の俳優ウィリアム・H・メイシーの妻で『デスパレートな妻たち』の女優フェリシティ・ハフマンも、娘2人を一流大学に進ませる目的で、大学進学適性試験(SAT)の点数を上乗するよう関係者を買収。こちらも2万ドルの罰金とともに服役を経験した。アメリカでは法の前に人は平等、セレブリティでも不正行為は見逃してもらえない。



この裏口入学スキャンダルで有罪判決を受け、服役した1人がゴードン・カプランだ。彼はコーネル大学を経てフォーダム大ロースクールで学び、国際的にも名が通った700 人以上の弁護士を抱える「ウィルキー・ファー&ギャラガー」の共同設立者で、当時は優秀な弁護士だった。

卒業生としてフォーダム大ロースクールの名を穢したカプラン弁護士(画像は『The Observer』のスクリーンショット)
卒業生としてフォーダム大ロースクールの名を穢したカプラン弁護士・写真左(画像は『The Observer』のスクリーンショット)

 

■娘は学習障害を装うことに

カプランは、成績が良くない高校3年生の娘をどうしても母校のコーネル大学に入れたかった。そして、裏口入学の斡旋が得意なシンガーに連絡をとり、「Key Worldwide Foundation」に賄賂として75,000ドル(約1,000万円)を送金。「二流大学などやる気が起きない。人生は一流大学に入ってこそだ」などと強調していたという。

大学受験・検定試験のSATを受けるにあたり、驚いたことにカプランは娘を「学習障害がある」と偽り、ロサンゼルス市内のある会場の個室で受けられるよう特別な設定を依頼した。そこではハーバード大学の卒業生であるマーク・リデルという試験監督官をも買収し、テストの解答をこっそりと修正し、点数の上乗せをするよう依頼。それに応じたリデルにも有罪判決が下っている。

減刑を条件に、司法取引に応じて有罪答弁を行ったカプラン被告は2019年10月、5万ドルの罰金支払いと地域奉仕活動を命じられ、28日の懲役刑につき刑務所に入った。そこで弁護士資格ははく奪され、法律事務所はHPから彼の名を抹消。フォーダム大ロースクールは公式HPで遺憾の意を表した。

 

■不正の手段もいろいろ

この賄賂を伴う名門私立大学・裏口入学スキャンダルでは、SAT/ACT試験の点数上増しのほかに、こんな手口も横行していたようだ。

まずは高校・短大・大学など、出身校の校長をお金で買収する手口から。高額寄付金、優れた成績証明書と推薦状、この3点がそろえば入学を許可する私立大学が多いため、出身校の成績証明書を改ざんしてもらい、立派な推薦状を添えてもらうという。

また、受験票の写真を替えての替え玉受験、情報を鉛筆に仕込んでおくといった従来通りのアナログな手口、そして携帯電話を利用して外部に情報を送り正解を教わるという手口も。さらに多肢選択式テストでは、正解のコピーが事前に違法販売されることもあるそうだ。

 

■損害賠償裁判が各地で

なお、一連の騒動は贈収賄者が次々と刑務所に送られて終わりではなかった。「家庭が貧乏だから落とされた」「裕福な家庭の子供を不正に入学させるなど、絶対に許せない」と不合格者やその家族が不満をぶちまけたのだ。

これに続き、我が子が裏口入学に失敗した家庭までもが騒ぎ出した。「恥ずかしい行為ゆえ黙っていたが、うちは指示された金銭を支払ったのに入学できなかった。これは詐欺だ」と激怒しているという。

さらに裏口入学事件が発覚した大学では、教授ら指導陣の間で、英語力も学力もあやしいアジアの少年少女が財力を武器に名門大学に入学し、授業についていけない様子が問題視されるように。入学者のレベル低下で、学校に関するレビューなど評価もイメージもダウンしてしまったため、大学側も断固とした態度を示すよう迫られた。

こうして全米各地でさまざまな立場の人が裁判を起こし、『FOX BUSINESS』によると、損害賠償請求額の合計は日本円で722億円にも及ぶもようだ。

 

■まとめ

極めて優秀な青年だと聞いていたはずが、最高の奨学金を与えたにもかかわらず、司法試験になかなか合格できないでいるニッポンジン1名。フォーダム大に限らずだが、ロースクールの評価やランキングは卒業後の司法試験合格率がすべてだ。これに受からないようでは、正直なところ「迷惑な存在」と言われても文句は言えないだろう。

そもそも、司法省の通報窓口に「入学手続きや奨学金を受給した背景に、何やら大きな力が働いていたのでは」といったタレコミがなされたという噂もある。これは大学としても大変なダメージとなるだろう。面倒な捜査が入るくらいなら、不合格のままフェイドアウトしてもらったほうが…といった心境かもしれない。



(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

画像および参照
『NEW YORK TIMES』A History of College Admissions Schemes, From Encoded Pencils to Paid Stand-Ins

『FOX BUSINESS』Lawsuits seek over $500B in damages over college admissions scandal

『Wikipedia』 Varsity Blues scandal

『The Observer』Fordham Alum Accused in Nationwide Admissions Scandal

『The Guardian』 US college admissions scandal: how did the scheme work and who was charged?

『The Washington Post』 Ex-leader at New York law firm gets one month in prison in college admissions scandal

『INSIDER』 Meet the accused ringleader of the massive college-admissions scandal, William ‘Rick’ Singer, the owner of Edge College & Career Network

『The Observer』Law Grad to Plead Guilty in Admissions Scandal

『FORDHAM UNIVERSITY』 Bar Passage/FORDHAM UNIVERSITY – 2022

『EverybodyWiki』Gordon Caplan

小室眞子さん・圭さん夫妻の話題ほかにもいっぱい!