孫が祖母と母のために13年間つき通した嘘 こんなに温かい嘘があるとは… 中国

この記事をシェアする
大好きな祖母と母のために孫は…。(画像はイメージです)
大好きな祖母と母のために孫は…。(画像はイメージです)

「祖母と母親にそれは可愛がられて育ったんです。この嘘をつくことは、私にとっては大切な使命でもありました」という中国のある女性。彼女は肺がんを患った母親の最後の願いを快く引き受けたのだった。『今日头条(Toutiao)』が感動のストーリーを伝え、温かい涙とともに世界にじわじわと拡散中だ。



女性は陝西省西安市に暮らす現在46歳のチェン・ジン(Cheng Jing)さん。かわいがってくれた祖母が100歳で死亡した3年前までの13年間、亡き母チェン・コンロン(Cheng Congrong)さんから頼まれたことを、しっかりと守り抜いた。そのおかげで祖母は大きな悲しみを味わうことなく、人生を静かに閉じ、天に召されたのだった。

祖母は苦労の多い人生だった。30代で夫に先立たれ、シングルマザーとして娘のコンロンさんを育て、そのコンロンさんは結婚して孫娘のジンさんほか子供たちに恵まれるも、夫と離婚。やはりシングルマザーとしての人生を歩んだ娘のために、家事や育児を一身に引き受けたという。

やがてコンロンさんは肺がんを患い、2003年に死亡した。医師からそう長くは生きられないと宣告されたとき、彼女は大好きな、しかし老いていく母のためにあることを考えた。「母はあまりにも苦労しすぎた。これ以上の人生の苦しみをもう味わってほしくない。自分が死んでも、そのことを知らせたくない」とコンロンさん。亡くなる間際まで、病床から母親に電話し、精一杯元気な声を聞かせていたという。

電話をするたびにそれは喜んでくれる母親。そこでコンロンさんにはあるアイデアがひらめいた。母親に優しく声をかける電話を、何パターンも録音しておくことだった。



「雨で体調を崩さないようにね」「朝起きるときは、ふとよろけたりするから、立ち上がるときはゆっくりとよ」「寒いからちゃんと温かい恰好をしてね」「もうすぐ遊びに行くから待っていてね」「今日はちゃんと薬飲んだ?」

四季折々、時間帯、天候の様々なバリエーションごと、録音内容はどれもよく工夫されたものだった。ジンさんは母の願いを快く引き受け、祖母にたびたび電話をしては、預かったメッセージを聞かせるのだった。祖母は疑うこともせず、母親の問いかけに嬉しそうに返事していた。だが問題が起きた。「遊びにおいで」と哀願する祖母に、まったく応えられないのだ。

そこでジンさんは、ある新聞に求人広告を出した。西安訛りの中国語「マンダリン」を話せる同年代の女性を探すもので、応募してきたチェン・ウェイピンさん(Chen Weiping)という女性にピンときたジンさんは、事情をすべて打ち明け、ウェイピンさんも協力することにした。そこからは音源を流すのではなく、娘のフリをしたウェイピンさんが祖母と直接電話で会話。声の感じが違うと言われれば、「ちょっと風邪ひいちゃった」などと上手くごまかしてくれたという。

やがて祖母はめでたくも100歳の誕生日を迎えた。親類が祝ってくれたが、当然ながらコンロンさんの姿はなかった。

元気だ、会いたいと度々言ってくれるのに、誕生日のパーティに娘はなぜ顔を出してくれなかったのか…その日以降、祖母はそんなことを感じながら過ごしていたのかもしれない。だが「コンロンはもしやこの世にいないのでは」と1度も口にしないまま、その2ヶ月後に老衰で息を引き取った。

天国の美しい花園で祖母と母親は互い見つけ、涙でくしゃくしゃになりながら抱き合っていることだろう。孫に命じた13年間の嘘を、祖母はどうか笑って許してあげてほしい。

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

海外仰天ニュースほかにもいっぱい!