断崖絶壁に身を乗り出す空中ブランコで恐怖の事故 2人の女性はどうなった…?<動画>(ダゲスタン)

この記事をシェアする
2人乗りのブランコは結構危ない(画像はYouTubeのサムネイル)
2人乗りのブランコは結構危ない(画像はYouTubeのサムネイル)

ダゲスタン共和国の渓谷スラク・キャニオンにある観光スポットで、恐ろしい事故が起きていたことが動画で伝えられ、世界中の人を震撼させている。



その2人乗りの大型ブランコは、揺れることで1,800メートルの高さがあるという断崖絶壁から身を乗り出すようにできており、空中ブランコとしてスリリングな体験を求める観光客に人気だ。重いことから後ろから力持ちの男性が押すしかないようだが、2人乗りのため体重が違うと揺れにねじれが生じ、かなり危ないことがわかる。

地元ではかねてから危ない、危ないと話題になっていたというなか、このほどそれを体験した女性2人がついにアクシデントに巻き込まれた。安全管理上に問題があるとして、現在カスベコフスキー警察が詳しい調査を行っていると『India Times』が報じている。

今、その事故の動画は『Watch: Terrifying Moment Two Women Fall Off Swing On The Edge Of 6000-Ft Cliff; Miraculously Survive』として、YouTubeにもアップされている。

だが、どうか安心していただきたい。タイトルの最後にもあるように、ロシアの新聞『コムソモリスカヤ・プラウダ』によれば、女性たちはその下にほんのわずかなでっぱり部分があったおかげで奇跡的に命拾いをした。打撲と擦過傷は負ったという。

動画:Press Life『YouTube』Women fall off 6000ft Cliff-Swing over Sulak Canyon in Russia | Terrifying Moment | Tourists View

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

海外仰天ニュースほかにもいっぱい!