<洋楽マニア>エグすぎるコラボで大ヒット 「ザ・フーfeat.ジャコビー・シャディックス」の『Wolf Totem』がコチラ

この記事をシェアする
意外なコラボがすごすぎて…(画像はYouTubeのサムネイル)
意外なコラボがすごすぎて…(画像はYouTubeのサムネイル)

モンゴル発といえば、力士。そんな印象が今もなお濃いが、モンゴルらしさ満点のエグすぎるサウンドで「ザ・フー」が世界的に人気を博している。このバンドが国際的に知名度をあげるきっかけとなったのは、アメリカのバンド「パパ・ローチ」のフロントマン、ジャコビー・シャディックスとのコラボで魅せた意外性が、重すぎる、または重いだけのメタルサウンドに飽きていた人たちの心をつかんだためだ。



2016年にモンゴルで結成された、メタルバンド「ザ・フー」。モンゴルの伝統的な楽器を演奏に取り入れているのが特徴的で、ボーカルの歌唱法はひたすら男らしくヘビー。ずっと聴いているとお経にしか聞こえなくなるがそれでも爆発的にヒットしたのが、まずはオリジナル版の『Wolf Totem』だ。

動画:『YouTube』The HU – Wolf Totem (Official Music Video)

これにジャコビーを迎えてリリースしたところ意外すぎる組み合わせがアメリカでおおいに受け入れられ、「World Digital Song Sales」など複数のカテゴリーで1位を記録。「聴くと気持ちがグワッと熱くなる」というファンが主にアメリカで続出し、新たなファン層を獲得した。

ちなみにジャコビーによるソロをメインにしておけばなお売れた可能性もあるが、「ザ・フー」のソロパートがやけに長い。その部分も最初は「意外!」と受け入れられたが、「どう反応していいか分からない」「謎すぎる」という反応も。しかし意外性はたしかに効果的で、メタルファン以外からもその斬新さを高く評価された。

コラボバージョンを聴いた両バンドのファンも戸惑いつつおおいに楽しんだとみられ、MVを観た人たちからは「モンゴル人であることを誇りに思う、俺はメキシコ人だけど」「ジャコビーが“困ってます感”を出しまくってる」という珍コメントも多数書き込まれている。

動画:『YouTube』The HU – Wolf Totem feat. Jacoby Shaddix of Papa Roach (Official Music Video)

(Kayla星谷/エトセトラ)

海外仰天ニュースほかにもいっぱい!