『フレンズ』女優コートニー・コックスも背筋ゾッ! 幽霊屋敷を売却した過去を告白

この記事をシェアする
「家に出たの」と明かしたコートニー(画像はTwitterのスクリーンショット)
「家に出たの」と明かしたコートニー(画像はTwitterのスクリーンショット)

幽霊の存在を信じていなかった女優コートニー・コックス(57)が、結局は「いる」と確信したこと、またそのせいで家を手放していたことを、アメリカのテレビ番組で明かした。



人気トーク番組『Jimmy Kimmel Live!』に出演したコートニー・コックスは、過去にカリフォルニア州ロサンゼルスにある邸宅を所有していた。そこはアメリカン・バーレスクの伝説的なスター、故ジプシー・ローズ・リー、またシンガーソングライターのキャロル・キングも過去に暮らした家で、コートニーも引っ越した当初は特に問題もなく過ごせていたそうだ。

しかしある日キャロルの訪問を受けたコートニーは、実はとんでもないお化け屋敷であると聞かされて驚いた。キャロルによるとその家で暮らした夫婦は泥沼の離婚を経たのだといい、その結果ひとりの幽霊が家に棲みついてしまったというのだ。それを聞いてもコートニーは「あ、そうですか」「はい、はい」。気にもしていなかったというが、その後に泊まりに来た複数の友人に「幽霊が出た」「ベッドの端っこに座っていた」と聞かされ驚いた。

それでも「気のせい」と信じようとしたが、しまいには耐えられなくなりキャロルに連絡。家にも来てもらい、霊媒師を呼んで除霊してもらったという。しかしこの幽霊、なかなかしぶとかった。一度は宅配業者にまで「この家、幽霊がいるでしょう?」と聞かれ、コートニーは震撼。「ええ、でもなぜ分かるの?」と聞くと、こう言われたのだという。

「あなたの後ろに…誰かが立っています。」

その後はひとりでは眠ることもできなくなり、結局は売りに出して手放したとのこと。この手の話はよく聞くが、これは意外に背筋がゾッとする。

画像:『Twitter』Courteney Cox

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらもどうぞ!】
よく見ると何かが… 廃倉庫で撮影した不気味な写真が掲示板で話題に
海外でバズった動画をヒントに… ビッグマックはこうすれば超簡単に激ウマになる!
いきなり爺さんがバク転! ちょっとホラーな動画がコチラ
チーズフォンデュを楽しむはずが… まさかの展開が衝撃的すぎる
「よく分からないけど、許して?」な犬 強烈なインパクトで米メディアもとりこに

海外仰天ニュースほかにもいっぱい!