ジャングルに41年暮らしたリアル・ターザンな男性 社会になじめず女性を見てもキョトン ベトナム

この記事をシェアする
ホー・ヴァン・ラングさんの大好物はネズミの頭(画像はTwitterのスクリーンショット)
ホー・ヴァン・ラングさんの大好物はネズミの頭(画像はTwitterのスクリーンショット)

ベトナム・クアンガイ県タイチャーの奥地で発見され、社会に引き戻された男性と家族。木の枝や葉、竹、石などで日用雑貨品を作り、雑食でたくましく生きてきた彼らの豊かな生命・生活力に、人々はただ驚いた。だが、社会でせっかく女性に出会ったというのに、ただ尻込みしてしまうという。『India Times』『Mirror』『Metro』など、海外メディアが報じている。



男性の名はホー・ヴァン・ラングさん(49)。幼いときからなんと41年間もジャングルで生活をしていた。理由はベトナム戦争(1955年~1975年)で母親ときょうだいを米軍兵に殺されたこと。父親のホー・ヴァン・タンさんはそれを機に、幼いラングさんと弟のトリさんの手を引き、ジャングルの奥を目指したという。

人間不信に陥り、人との接触をひたすら恐れてきたタンさんだが、親子3人は8年前ついにある村に引き戻された。しかし社会のなかで、彼らはまるで大きな子供のようなふるまいをする。喜怒哀楽のなかでストレートに出るのは「怒」。素直すぎる性格で、うまく行かなければすぐに手を挙げてしまうそうだ。

そして、村で初めて女性に出会ったラングさん。だが、性的欲求や性行為も知らず大人になった彼は、大きなバストや高い声を持つ女性を見ても、違う種類の生き物だとしか感じられなかった。父親のタンさんは「まだベトナム戦争は続いている」と言い張り、誰を見ても表情がこわばり、警戒心の塊のように心を閉ざしてしまうという。

また、ジャングルで暮らした41年の月日は彼らの免疫システムを特殊なものに変えてしまい、しばらくの間は体調を崩しがちだった。「自分たちはやっぱりここでは生きていけない」と感じるという一家。木の実、果物、はちみつ、サル、ヘビ、トカゲやカエルを食べる生活が恋しく、何より好物のネズミの頭の味が忘れられない。一家は今なお「やっぱりジャングルに帰りたい」と繰り返すそうだ。

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

海外仰天ニュースほかにもいっぱい!