「コロナのせいで気晴らしがほしくて…」 ホットな美人看護師が病院を辞め『OnlyFans』で荒稼ぎ

この記事をシェアする
アリーレイさん看護師を辞め、そして…(画像はTwitterのスクリーンショット)
アリーレイさん看護師を辞め、そして…(画像はTwitterのスクリーンショット)

とある大病院の集中治療室(ICU)に勤務し、日々、怒涛のような忙しさと闘っていた看護師の女性が、最近になって病院を解雇された。看護師としてあるまじき副業をしていることを、同僚や上司に悟られてしまったのだという。イギリスの『The Sun』などが報じている。



女性は米ボストン市にある大きな病院のICUで働いていた、看護師のアリー・レイさん(37)。18歳で結婚し、18歳と17歳の2人の子を育てる母親でもある。そんなアリーさんは、次々とICUに運ばれてくる新型コロナウイルス感染症の看護に明け暮れ、不安とストレスは募るばかりだった。

分厚い防護服を着る度にうんざりし、Instagramではセクシーなビキニショットばかりを披露したアリーさん。するとフォロワーが7万を突破し、アダルト系のお仕事に誘うDMが増えていくにつれ彼女の心は揺れ動いた。

「あなたほどホットな看護師さんを見たことがない」と褒めたたえる世の男性たち。確かに彼女の美貌とダイナマイトボディは驚くほどだ。アタシ、このままで終わっちゃうのはもったいないかも…と1度も思わなかったとしたら、それはウソになるだろう。



こうしてアリーさんは、18禁の会員制SNSアダルトサイト『OnlyFans』に登録し、パーッと楽しくやることにした。開始後1ヶ月で8,000ドルほどを稼いだアリーさん。銀行口座にそれが入金されたときには、「大学進学時に利用した奨学金をどんどん返済していきたい」と話し、夫もその稼業を認めてくれた。現在の月収は、日本円にして2,200万円に及ぶこともあるという。

しかし昨年の秋、その副業は同僚や上司を通じて病院に知られ、あっけなく解雇処分が言い渡された。だが彼女に後悔はない。「あの仕事は過酷すぎて、もう潮時だったかも。コロナのパンデミックで14時間ぶっ続けで働く日もあった。自分の部屋で仕事ができるなら、ウイルス感染の心配もないし一石二鳥だわ」とSNSで漏らしている。

そんな彼女に対しては、「病院の仕事は今は特に大変でしょう。つらくなって辞めたくなるのは無理もない」「あなたほど美しいならAVで稼ぐのは当然」という賛成派も多いが、「17歳、18歳の子供がいるのに、よくそんなことができるわね」と批判の声もある。

だがアリーさんは、とても現実的だ。「私はもう30代後半よ。この体であとどれくらい稼げるか、それを考えれば今、稼げる時にバンバン稼いでおこうと思っているわ」と本音もちらり。ぜいたくな暮らしをすることなく、家族の将来のためしっかり貯蓄しておこうと夫とも話しているそうだ。

画像:MikeBell929@MikeBellATL『Twitter』Here’s the story we mentioned in Guy Talk on @DukesandBell929

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらもどうぞ!】
20代美女vs妖艶なアラフィフ美魔女 「どっちが親か分からない」と話題に 米
「ガリで爆乳が最高にセクシーなのよ!」 バストをこの2倍にと望む女性に美容整形手術医2名が警告
洪水で水が入り込みエレベーターが停止 首の高さまで浸かった3名やっと救出
「コロナ禍で自由を語る奴はバカだ」 シュワが感染予防に無関心な国民に物申す 米
深イイ話「銀メダルをお金に換えて重病の赤ちゃんに…」 五輪女子選手のやさしさに涙

海外コロナ報道ほかにもいっぱい!