母の日迫る 母たちの本音は「姑がメインの日にしないで」「花よりギフトカード」 米

この記事をシェアする
お母さん達は、案外ドライ!? (画像はイメージです)
お母さん達は、案外ドライ!? (画像はイメージです)

母の日(5月12日)がせまる中、「今年は何を用意しようか」「お花を手配しなくては」と焦っている人も増えている。そんな中「何が欲しいのか」に関するお母さんの本音がネットに多く書き込まれるように - それをまとめた報道の内容をご紹介したい。



このほど「Apartment Therapy」なる会社がネット上に書き込まれているお母さん達の本音をピックアップ、このようにまとめている。

■ 家事をして!
「1日でいいの。仕事から帰ってきたら家族が雑用を済ませてくれていたら嬉しいわ。」
「それに加えて、家族がどうしようもない事で口げんかしていなければもっと良い。」
「家事のプロに、ウチを掃除してほしい。徹底的にね。」
「私がカウチに座ってお酒を飲んでいる間に、誰かに私のディナーを作ってほしい。」

■ 眠らせて!
「1晩で良いのよ。邪魔せずにぐっすり眠らせて。そうできたら、本当に嬉しい。」

■ 忘れないで!
「子供に、母の日を覚えていてほしいわ。」

■ 姑じゃなく私を優先して!
「今年くらい、姑に会わずに過ごしたい。ゆっくり昼寝がしたいのよ。なのにこの日まで姑がメインの日になっちゃうなんて。でもね、私だって『母』なのよ。」

■ お酒を買って!
「シャンパンが欲しい。」

■ 一緒に出掛けて!
「夫、息子と一緒に公園に行きたい。それからランチに行くのも良いわね。(母の日はランチなどの)手配も家族に任せたい。」

ちなみに「母の日にはカーネーションを買わねば!」と手配する人も多いが、「多くのお母さんは『花よりギフトカードがほしい』と考えている」との調査結果も確認できた。過去に行われた調査で「母の日にはお花がほしい」と答えたお母さんは「わずか8パーセントだった」とする意外なデータもあるのだとか - 世間のお母さんたちは、結構ドライなのだ。現金だとなお喜ばれるかもしれない。



参照:『apartment therapy』What Do Moms Actually Want on Mother’s Day?

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
娘の腎臓提供を受けた母 「これ以上の母の日の贈り物はありません」と感謝
天国のママにカードを書いた4歳女児 親切な郵便局員のとった行動とは…
母親は民間代替療法に傾倒 見るに見かねた警察官が白血病の3歳児を連れ去り病院へ
写真を見て娘の目の異常に気付いた母 腫瘍が10か所見つかり眼球摘出
がん闘病の母が遺書 「娘に“ママは天国に行った”と言わないで」