男のロマン! 宝探しが好きな男性が貴重な金貨を大量に発見   <北アイルランド>

この記事をシェアする
まさかのお宝発見!(画像はイメージです)
まさかのお宝発見!(画像はイメージです)

幼い頃に宝探しの本を両親に買ってもらい読んでからというもの、「いつかは宝の山を見つけたい」という夢を抱き大人になった男性(44)がいる。その夢を捨てきれず、この男性は35歳のときに思い切って金属探知機を購入。それを持ち様々な地域を訪問していたというが、このほど思いもよらぬタイミングでお宝を発見 - 日本円にして総額1400万円ほどの価値がある可能性が極めて高いという。



10月29日のこと、ある英国人男性が親友(52)と共に北アイルランドを訪問。海沿いの小さな町で、16世紀のものと思われるコインを84枚も見つけるという幸運に恵まれた。1枚で70万円近い価値があるものも含まれていたことから、男性は仰天。その時のことを、このように振り返っている。

「親友に、『金属探知機を持って出かけようぜ』と今回の休暇に誘われたんです。でもこの野原に来たのは、親友の知人が失くした結婚指輪を探してあげるためでした。」
「残念ながら指輪は発見できませんでしたが、2時間ほど野原を見て回るうちに金属探知機が反応して…。驚いて穴を少し掘ってみたら、そこにコインがあったんです!」

ザクザクと出てきた金貨を見た男性はとても驚き、友人の名前を呼び「すごい物が出てきたぞ!」と伝えながら思わず号泣してしまったとのこと。子どもの頃から抱いてきた夢が思いもよらぬタイミングで叶い、思わず体が震えたという。この男性と友人は、これまでにも古い地図を手に入れては様々な場所に出かけたとのこと。主に古代集落や歴史的な戦地に宝が埋まっている可能性があると信じ、楽しみながら宝探しを続けていたそうだ。

ちなみに最近は宝探しが流行中で、人気動画サイトにも川底や海岸で様々なものを見つけるという内容の動画が多数アップされている。時間があるときに自然のなかをじっくり散策することで、いきなりお金持ちになれる可能性もあるのかもしれない。



(Kayla星谷/エトセトラ)