元警官が告白した臨死体験が話題に 「おぞましく奇妙な経験をして復活しました」 米

この記事をシェアする
元警官の不思議な経験が話題に(画像はイメージです)
元警官の不思議な経験が話題に(画像はイメージです)

多くの人が経験するともいわれる、臨死体験。生き延びてこそ語れる経験にもさまざまなタイプがあるが、元警官が見た世界はあまりにも異様だったという。彼が見たという不思議な世界、そして本人の話と思いを、『The Daily Star』などが伝えている。



米国で暮らす元警官ジェフ・コールターさんは、2014年に正面衝突事故に巻き込まれるという悲惨な経験をした。事故が起きた瞬間に聞こえた音は「まるで爆発音」。それほど大きな事故にあった結果ジェフさんは重傷を負い、ヘリコプターでオハイオ州にある病院に搬送された。だが治療はなかなかうまく行かず、ジェフさんの心臓は手術中に一時停止。呼吸もできなくなったジェフさんは、短い時間ではあったが死亡した状態に陥っていたという。

しかしその頃、ジェフさんは大変不思議な経験をしていた。

「魂が体から抜けるのを感じ、その後すぐに暗い場所が見えました。足元、そして天井には霧のようなものが漂っていたんです。」

そしてジェフさんは、あたかも昔のホラー映画に出てくるような光景・音に気づいたそうだ。

「そうなんです。(意識を失ったあと僕が見たのは)悪魔。それから唸り声や笑い声が聞こえてきました。」
「そこには真っ黒い空間が…。だから僕はそこに行き、『ジーザスよ、お助けください!』と叫んだんです。」

とんでもなく怖い思いをしているジェフさんに、ある女性が近づいた。それは若い頃のまままったく老いていない、ジェフさんの実母だったという。

「近寄ってきた母は、じっと僕の目をみつめました。」
「その後に母は不思議なことに、自分の腕をゴシゴシと洗いながら母性に満ちた視線を僕に向けました。すると僕は、いきなり病室で息を吹き返したんです。」

ジェフさんは、「母が腕を洗うという行為は、僕の悪しき行いを清める行為だったような気がします」ともコメント。恐ろしい事故に続き怖い思いもしたが、不思議な臨死体験はその後のジェフさんの生き方に少なからず影響を与えたようだ。ちなみに人気女優シャロン・ストーンも過去に死にかけ臨死体験をしたと公表しているが、「恐ろしいというより、美しく不思議な経験でした」と話している。

(Kayla星谷/エトセトラ)

海外仰天ニュースほかにもいっぱい!