美人妻を焼き殺した残虐な男 準備を手伝った仲間も殺人罪で起訴 豪

この記事をシェアする
27歳の妻を、火で…(画像はイメージです)
27歳の妻を、火で…(画像はイメージです)

恋に落ち永遠の愛を誓い合ったものの、いつしか互いを嫌いあうようになっていたある夫婦。その末に起きた残酷すぎる事件につき、『The Daily Star』など海外のメディアが伝えた。



今年4月のこと、豪・ゴールドコーストで暮らしていた美しい女性(27)が殺害された。

3児の母でもある同女性は育児を何より優先する良いお母さんだったというが、そのいっぽうで元・米軍人の夫(34)とは徐々に不仲に。夫婦間の亀裂は修復できず、夫は「妻が死ねばいい」と願うようになった。強い殺意を抱いた結果、夫は妻殺害を決意。妻を庭でしばりあげ動けなくしたあとガソリンを大量に浴びせ、火を放ち焼き殺した。

このとき夫も手に火傷を負い、煙を吸うなどして昏睡に近い状態に。病院に搬送されたがしばらくすると意識を取り戻し、犯行を認めたことから逮捕・起訴されたという。

ちなみにおぞましい方法で妻を殺したこの夫には、犯行の準備段階から手を貸した共犯者がいた。そちらは25歳の男で、夫とは仕事上の仲間でもあったとのこと。よほど仲が良かったらしく、ガソリンなどを購入する段階から準備を手伝い、殺害現場まで夫を連れて行ったことも明らかになった。当局はこの男も極めて悪質と判断し、あわせて殺人罪で起訴している。

多くの人に慕われ、愛情深い母親でもあったという被害者。家族との関係も良かったとみられ、残された子供たち3人については「5人の子の母でもある女きょうだいが引き取る予定」と報じられた。それでも母を焼き殺されたこと、そしてその犯人が父親だったという事実はあまりにも重い。

(Kayla星谷/エトセトラ)

海外仰天ニュースほかにもいっぱい!