米 移動式遊園地から恐怖の動画が流出 回転&スイングマシンが崩壊寸前の揺れで大騒ぎに

この記事をシェアする
移動式遊園地のマシンが回転とともにひどく揺れ大騒ぎに(画像はイメージです)
移動式遊園地のマシンが回転とともにひどく揺れ大騒ぎに(画像はイメージです)

日本では殆どなじみがないが、欧米では大きなイベントには移動式遊園地が付き物となっている。その場限りで設置された怪しい基礎、簡易な組み立て、そしてかなり古びたマシンも少なくない。このたびアメリカ・ミシガン州より「今にもぶっ壊れそう」という恐ろしいアトラクションの動画が飛び出した。『NEW YORK DAILY NEWS』や『NEWSDONS』などが報じ、波紋を広げている。



その動画は今月8日夜、ミシガン州グランドトラバース郡のトラバースシティで毎年恒例で開催される、『National Cherry Festival』の移動遊園地コーナーで撮影された。

船がスイングし、勢いに乗って回転もする“マジックカーペット(Magic Carpet)”というアトラクションが、動き出して少しすると、回転したことで重心のずれに耐えられなくなったのか、複数の基礎部分が地面から浮き上がるなどして大きく揺れ始めた。

近くにいた人が「自分たちの重みで押さえつけよう」と周囲に呼びかけ、多くの人がそのフェンスにつかまり、土台に踏ん張り、固唾をのみながらマシンの停止を待った。その甲斐あって、なんとかマシンは事故を起こさずに済んだが、暫定的で簡易な設置の移動式遊園地には安全性に限界があることを突き付けられ、乗った人も見守った人も、それぞれにひどく動転したという。

そのフェスの移動式遊園地を請け負ったアーノルド・アミューズメンツ社は、設置に責任があったとは認めていない。なぜそのような現象が起きたのか、原因を確かめるためマジックカーペットを解体し、メーカーに調査をお願いしたと説明するにとどめている。

有名メディア『TODAY』に、現場にいた人から寄せられた動画が話題になっているので、ご紹介してみたい。

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)