紀子さま弟・川嶋舟氏の新妻に超セクシーなパーティ写真 秋篠宮さまも悠仁さまも小室さんもドキドキ…? 

この記事をシェアする
栗原さんはセクシーなドレスがお好き(画像はFacebookのスクリーンショット)
栗原さんはセクシーなドレスがお好き(画像はFacebookのスクリーンショット)

何かと話題の秋篠宮家だが、最新情報によれば、紀子さまの弟で御所に入り浸りだと報じられたこともある川嶋舟氏(48)が、10歳年下の下着ブランドの社長とめでたく再婚を果たしたという。ランジェリーづくりに余念がない女性が皇族の親戚になったことに驚いた人も多いが、筆者は特に、Facebookに投稿されていた1枚の写真に驚いてしまった。露出度が高くても、職業柄本人にはなんら違和感のないスタイルなのだろう。



Facebookに見つかった舟氏の再婚相手と噂される、栗原奈緒さん(ナオランジェリー/Nao Lingerie代表取締役)のアカウント。そこにモデル顔負けのポーズを決めた彼女の写真があるのは想定の範囲だが、もっとセクシーな写真も存在するとの情報で、さまざまたどっていくなか、こちらを発見した。

さすが栗原さん。セクシーなドレスでパーティに参加(画像はFacebookのスクリーンショット)
さすが栗原さん。セクシーなドレスでパーティに参加(画像はFacebookのスクリーンショット)

それは日本ランジェリー協会発足記念として、2016年12月1日(土)に渋谷区広尾で『The Lingerie Na Na Na Night!!』なるパーティーが開催されたときのもの。栗原さんは初のランジェリーナイトの主催者として名を連ねている。

DJ WASEI CHIKADAによるセンスある音楽と、夜を盛り上げるお酒。美しいランジェリーが大好きな素敵な女性と粋な男性の集まる場所

…これがコンセプトだそうだ。



ところで、『講演依頼.com』というサイトに示されていた栗原さんの経歴はこうなっている。2007年に学習院大学法学部政治学科卒業し、外務省国際法局国際法課/条約課非常勤公務員勤務とある。ただし2008年には下着メーカーのルージュブランに勤務とあり、外務省は雇用期限付きの臨時職員(事務員)だった可能性がありそうだ。

その後しばらくランジェリー業界で修行が続き、2013年にはfor Grace株式会社を起業。自身のランジェリーブランド「Nao Lingerie」を立ち上げ、34歳であろう2018年には日本橋高島屋に出店という大変なやり手だ。

デイリー新潮は「銀座ホステスも経験していた」と書いており、こうしたセクシーさも相まって、上手にスポンサーや後ろ盾になってくれる人物を見つけていたことを想像させる。また、YouTubeで「AV鑑賞ではじっと女性の体を見る」と話すなど、物おじせず大胆な発言をする女性でもあるようだ。

野心家で上昇志向もたっぷりで、積極的に目立つことをやり、ぐいぐいと異性の注目を集めては大物をゲット。その人生はどこか小室さんに通じる点も…? しかし美女であるだけに、親類の集いとなれば秋篠宮さま、小室圭さんはドキドキだろう。紀子さまとすれば、すでに思春期に入っている息子への刺激も考慮しなければなるまい。

画像および参考URL
https://m.facebook.com/media/set/?set=a.1247181638674688.1073741880.713810118678512&type=3&_se_imp=0mvsZJVHiTHerOHMr

参考:『講演依頼.com』栗原菜緒for Grace株式会社代表取締役/ ランジェリー・デザイナー



(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらもどうぞ!】
小室夫妻の年間警備費、8億円の見積もりなら「ボッタくられたか中抜きか」と疑われるのでは…?
フォーダム大ロースクールHP「入学案内」にみる小室圭さん 奨学金申請手続きは疑問だらけ
オランダの王女は王族手当てを「国民のために何もしていないしコロナのほうが大変」と辞退
小室佳代さんまた告発される それでも「圭さんとの結婚」が重要な眞子さんの真意
秋篠宮さまがニューヨーク総領事とご接見 小室圭さんが国連職員を“正規”に目指すのはかなり困難

小室眞子さん・圭さん夫妻の話題ほかにもいっぱい!

秋篠宮家の記事ほかにもいっぱい!