巨大広告で下半身を「女」にされる みじめなジャスティン・ビーバー爆笑を誘う LA

この記事をシェアする
ジャスティンの下半身がとんでもないことに…(画像はInstagramのスクリーンショット)
ジャスティンの下半身がとんでもないことに…(画像はInstagramのスクリーンショット)

現在、ファッションブランド『BALENCIAGA/バレンシアガ』の広告塔を務めている、人気歌手のジャスティン・ビーバー。さっそく街角に新しい広告ポスターなどがお目見えしているが、よりによって巨大広告で、ちょっとした“アクシデント“が発生していたことがわかった。米芸能情報サイトの『Just Jared』ほかが報じている。



写真の建物は、ロサンゼルスのウェスト・ハリウッドにあるアンダーズ・ウエスト・ハリウッド((Andaz West Hollywood)。その外壁を大胆に使用した巨大広告に、ジャスティンは黒の皮ジャン姿で登場した。

ジャスティンの前に貼り出されていたのは、キム・カーダシアンの下着ブランド『SKIMS/スキムズ』の巨大広告だった。それを新しい広告に交換する作業は、どうやら一気にベリベリッ、ピタピタッとはやらないようだ。少しずつ変えられていった結果、ジャスティンはとんでもない姿にさせられていた。

上半身は革ジャンでクールにキメているジャスティンだが、下半身はややハイレグのSKIMSの女モノのパンツと靴下。モデルは女子サッカー・アメリカ代表の、アレックス・モーガン選手だそうだ。細くて白い指にまっ平な股間、すね毛一本生えていないツルンとした白い脚。その写真はさっそくSNSで拡散を見せ、「爆笑!」というコメントで沸いた。

この投稿をInstagramで見る

Just Jared(@justjared)がシェアした投稿

画像:『Instagram』justjared/Andaz West Hollywood

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらもどうぞ!】
カリード ✕ ケイン・ブラウンの『Saturday Nights REMIX』 MV視聴回数2億回突破の楽曲がコチラ!
女優ミーガン・フォックスとの恋も順調 マシン・ガン・ケリーの評価を高めたヒット曲
感動的なMVに「泣いた!」というファンも… Sum 41「Never There」
チェスター・ベニントンの衝撃自殺から1年以上『In The End』動画再生回数は6億回突破
リリースから31年 斬新すぎたM.C.ハマー『U Can’t Touch This』MV視聴回数が6億回突破

洋楽マニアの記事ほかにもどうぞ!

海外仰天ニュースほかにもいっぱい!