IQ162の少女がメキシコに! アスペルガー症候群ゆえいじめられて転校も宇宙科学に目覚める

この記事をシェアする
IQ162の少女、その輝かしい未来に期待(写真はTwitter/UP WORTHYのスクリーンショット)
IQ162の少女、その輝かしい未来に期待(写真はTwitter/UP WORTHYのスクリーンショット)

周囲への無関心さとこだわりの強さで、3歳でアスペルガー症候群と診断されていたメキシコのある女の子。スクールに通うようになるといじめに泣かされ、親は転校を決意した。それにより事態は好転し、学問に目覚めた少女はなんとIQテストで162をマーク。9歳になった現在は、宇宙飛行士になるべく難しい数学や物理をも猛烈に勉強する日々だという。『NBC News』ほかが報じている。



天才的物理学者として知られるスティーヴン・ホーキング、アルベルト・アインシュタインの両博士よりIQが上と判定された、すさまじい頭脳を持つ少女はメキシコ・ベラクルス市生まれのアダラ・ペレス・サンチェスちゃん。今でこそ「メキシコのちびっ子アインシュタイン」と話題になっているが、3歳で自閉症スペクトラム症のアスペルガー症候群と診断され、辛い幼少期を過ごしていた模様だ。

周囲とのコミュニケーションが図れないアダラちゃんは、スクールに入ると集団での陰湿ないじめを受けるようになり、心をさらに閉ざすように。学校が辛いと泣いてうつ病の診断も下り、母親のナリー・サンチェスさんは退学を決意した。

フリースクールである転校先の『CEDAT(Centro de Atención Al Talento)』は、アダラちゃんの天才的な頭脳をおおいに刺激してくれた。IQ162という驚きのスコアをマークすると、そこからは周囲の薦める難しい書物をどんどん読み進めていった。お気に入りは天体物理学だという。

アダラちゃんには、NASAの宇宙飛行士になるという夢がある。きっかけはアメリカの州立アリゾナ大学、および超名門私立大のライス大学(テキサス州)から、「ここから優れた宇宙飛行士が誕生している。我が大学で宇宙科学を学んでみないか」というオファーが届いたことだった。

アダラちゃんはNASAのジョンソン宇宙センターを訪問したことがあり、火星探査機の氷の発見にアリゾナ大学が関わっていることを知っていたため、そのようなオファーに大感動。なるべく早くアメリカの大学に留学したいと夢見ているそうだ。

そのためには、メキシコの両親の元にいる間に英語をマスターしておく必要があると知り、早速その勉強をスタートした傍ら、メキシコシティのUniversidad CNCIとUNITECが提供するオンライン講座を受講。早くもシステム工学や数理工学を学んでいるという。

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

海外仰天ニュースほかにもいっぱい!