ブラピも韓国俳優も記憶障害を告白 悩んでいるのは元有名キャバ嬢エンリケだけじゃない 

この記事をシェアする
ブラピも韓国の俳優も記憶障害を告白している(画像はイメージです)
ブラピも韓国の俳優も記憶障害を告白している(画像はイメージです)

伝説の~が頭につく、超有名な元キャバクラ嬢のエンリケこと小川えりさん(33)。その後はタレントや実業家として活動しているが、記憶障害のため様々な支障が出てきていることを、このほど告白した。生活や仕事で大変重要な記憶とその減退。実はあのブラッド・ピットもそれに悩む一人だ。



エンリケは今月10日、YouTubeに「1秒前のことを頭から忘れてしまう。記憶がない」と、自身の不安な状況について告白する動画を投稿した。

なんと、ひらがなを思い出せなくなることがあるといい、病院でMRI検査を受けたところ脳血管の細さを指摘され、記憶障害の原因については深酒の影響を説明されたそうだ。

文字を書くことはもちろん、自分の名前すら書けなくなる時がくるのでは…と悩む一方、困るのは、知っているはずの人の名前が出てこないこと。誰かに声をかけられても、「どちら様ですか」では不快な思いをさせてしまう。それがひたすら怖いという。

これと同じ悩みを抱えているのが、実はあのブラッド・ピットだ。ブラピは今から8年前、男性誌『エスクァイア』のインタビューで「ドラッグの過剰摂取と大量飲酒で脳がダメージを受けたのか、短期記憶の能力がめっぽう衰えている」と告白し、大きな話題になった。



売れない俳優だった頃は、安いお酒とドラッグに溺れ、体や脳にたくさんのダメージを与えていたと話すブラピ。誰かと親しくなっても、次に声をかけられた時に顔も名前も思い出せないため、「どこかでお会いしましたっけ?」となる。そのため誰もが「気に食わないヤツだな」と言って去って行き、友人の数はめっきり少ないそうだ。

韓国の『帝王の娘 スベクヒャン』『総合病院』などで知られる俳優のイ・ジェリョン(56)。ベテラン俳優の彼もまた、大変な酒豪で知られるとともに、短期記憶障害に苦しめられていると告白した一人だ。2013年、なんと「自分が俳優であることすらわからなくなった」と話していた。

ジェリョンは過去の事故で片目の視力をほぼ失っており、台本を読むにも演技にも苦労が伴い、おのずと酒の量が増えていったとのこと。2019年、泥酔状態でボウリング場の看板を壊すという醜態が報じられたこともある。

エンリケ、ブラピ、そしてイ・ジェリョン。いずれも、1歳でも若いうちに脳の記憶力を回復させておいた方が賢明だ。そのためにはキッパリと常習的な深酒をやめることではないだろうか。

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらもどうぞ!】
息子を射殺した父 警察も「やむを得ず」と語った深いワケ <米>
タトゥーやピアスで劇症肝炎や感染症に… ブラジルでは自力で穴を開けた15歳少女が死亡
火葬したはずの息子が「ただいま!」 衝撃を受けた母が卒倒寸前 ロシア
嗅覚の衰えは死が近い兆候? 怖い研究結果が話題に
海外マジギレ動画 ステージで泥酔ふらふらなドラマーに激怒のギタリストが大暴れ

海外仰天ニュースほかにもいっぱい!