老人ホーム職員が結婚式でコロナ感染 クラスター発生で入居者7名が死亡 <米>

この記事をシェアする
クラスター発生で老人たちが次々と死亡(画像はイメージです)
クラスター発生で老人たちが次々と死亡(画像はイメージです)

米国・ワシントン州のある老人ホームにて、クラスターが発生。新型コロナウイルスに入居者複数が感染し、次々と死亡したことを『New York Post』などが伝えている。



今年11月7日のこと、同州の老人ホームで勤務する職員複数が、ある結婚式に招かれ出席した。新型コロナウイルスの感染拡大が深刻になる一方だったにもかかわらず、この式にはなんと300人のゲストが出席。そのわずか9日後にはゲストの多くが体調不良を訴え、うち17人の陽性が確認された。

当局はその後、その他の出席者に連絡し「すぐに検査を受けてほしい」と要請。と同時に人との接触を避け隔離生活に入るようただちに連絡したというが、知らないあいだに感染し施設に戻った職員らが入居者らに感染させ、11月20日には施設内でのアウトブレイクが報告される事態に。70代、80代、90代の基礎疾患を抱える入居者らが次々と重症化し、うち7名が死亡したと伝えられた。

ちなみにウイルスを施設に持ち込んだ職員らは入居者全員の世話を任されているため、今となっては濃厚接触者の特定さえほぼ不可能な状態とのこと。当局は結婚式に出席した人たちのその後についても追跡調査を行い、感染状況を確認している段階だという。

現地では、コロナ感染拡大を予防するため、挙式・結婚式・葬儀への出席は上限30名と定められていたとのこと。にもかかわらずその10倍にあたる300名が式に出席したがために、施設で静かに過ごしていた老人たちが亡くなる事態になった。職員を信じ世話・介護を任せていた遺族の悲しみと怒りは、計り知れない。



(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
新型コロナ患者が動画公開 「地獄のよう…同じ危険を冒すな」
新型コロナ感染を疑われ… 生理中の女子生徒に下校命令
児童向けサマーキャンプで260名の新型コロナ・クラスター 全米さすがに震撼
「コロナは嘘、でっちあげだ」 パーティーに参加した男性が壮絶コロナ死