自閉症の男の子を思い切り笑顔にさせたスーパーの店員 心を溶かす話題オーストラリアから

この記事をシェアする
商品を並べていた店員は、ある少年に大きな笑顔を与えた(画像はイメージです)
商品を並べていた店員は、ある少年に大きな笑顔を与えた(画像はイメージです)

発達障害の一つで、対人関係が苦手で人と目を合わせようとせず、強いこだわりに囚われてしまうという特徴を持つ「自閉スペクトラム症」。幼い頃にそう診断され、発語もなく成長した豪ヴィクトリア州の8歳の少年が、あるスーパーマーケットでひとりの店員と出会い、温かいコミュニケーションをとることに成功した。両親も感激していることを『7News.au』が報じている。



この話題は、ヴィクトリア州のカーディニア・レイクスにある大手スーパーマーケット「Coles/コールズ」から伝えられた。9月9日午前、デイヴ・ギャンブルさんは重い自閉症を患う8歳の息子ティムくんを連れ、その店に買い物へ。そこでティムくんは、かつてない最高の笑顔を見せたという。

ティムくんは、ビスケットを棚にきれいに陳列する男性従業員の様子を脇からじっと見つめていた。少年の視線を感じた従業員のシェーンさんは「一緒に並べてみようか」と声をかけ、好奇心を見せたティムくんにビスケットを渡し、きちんと並べる様子を「上手だね!」と褒めてあげた。

ティムくんがその場で過ごした5分ほどの間に、残念ながら言葉を話すことなかった。だがシェーンさんの目には、ティムくんの瞳がキラキラと輝き、しっかりとコミュニケーションが取れていたように感じたという。

その後、ティムくんは父親のデイヴさんの元に戻り、別の通路で買い物を続けてい。するとそこにシェーンさんが現れ、「さっきは親切にお手伝いしてくれて、ありがとう。これはそのお礼だよ」とチョコレートの箱をティムくんに手渡した。そのときにティムくんが見せた嬉しそうな声と表情に、デイヴさんは驚いた。



「チョコ…オ…レイト」と繰り返して発生したティムくん。さらには、離れていったシェーンさんを追いかけ抱きついた。息子が見せた大きな成長の姿に感激したデイヴさんは、シェーンさんに対する感謝の気持ちを雇用主であるコールズにも伝えたいと考え、彼らのFacebookを探すと『Hey Coles!』というタイトルで、このようなメッセージを投稿した。

「コールズの皆さん、こんにちは。カーディニア・レイクス店には、とても寛大な心を持った立派な男性従業員さんがいますね。彼は(自閉症のある)私の息子の一日をとても素晴らしいものにしてくれました。とても感謝しています。ありがとうございました!」

コールズにその男性従業員をより高く評価してあげてほしい、次のボーナスは目いっぱい弾んであげてほしいという思いを込めて、このメッセージを投稿したデイヴさん。コールズ側も顧客が満足していることを大変喜んでいる様子だ。

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらもどうぞ!】
腕に自ら水銀を注射した15歳少年 「骨を金属にしスーパーヒーローに」も精神鑑定は異常なし
「エアバッグ火傷」って知ってる? メーカー名が焼き印のごとく残った写真が話題に
口をきけない娘に酒を飲ませ動画投稿 母親の蛮行なぜか服役を免れる
いきなり爺さんがバク転! ちょっとホラーな動画がコチラ
テスラ車オートパイロットで今度はパトカーに衝突 あわや警察官をはねそうに

海外仰天ニュースほかにもいっぱい!