「エアバッグ火傷」って知ってる? メーカー名が焼き印のごとく残った写真が話題に

この記事をシェアする
メーカー名が焼き印のごとく残った写真が話題に(画像はredditのスクリーンショット)
メーカー名が焼き印のごとく残った写真が話題に(画像はredditのスクリーンショット)

衝突事故など、車に強い衝撃が加わった際に飛び出すエアバッグ。その勢いや威力は、経験した者でなければわからない相当なものだというが、飛び出す瞬間に、稀に手や腕にやけどを負う人がいることをご存じだろか。



シートベルトと並んで、運転手や同乗者の命を守るために重要なエアバッグ。衝撃を察知すると瞬時に高温のガスが作用し、大変なスピードで一気に膨らむ。そのため、エアバッグそのものが顔、首、手に擦過傷や打撲をもたらすことはよく知られている。

だが、時には火傷を負う人も。メーカー側は車の説明書のなかで、エアバッグについて「膨らんだ直後は付近が大変熱くなっており、構成部品やハンドルには触らないよう注意してください」などと呼び掛けているが、そのことはあまり知られていないという。

今、海外の掲示板サイト『reddit』で、あるユーザーからの投稿が大変な反響を呼んでいる。「エアバッグが飛び出した際に手に火傷を負ったんです」と衝撃的な写真が投稿されたもので、なんとホンダのHのロゴが焼き印のごとく押されている。

メーカー側は「触らないよう気を付けて」と注意している(画像はredditのスクリーンショット)
メーカー側は「触らないよう気を付けて」と注意している(画像はredditのスクリーンショット)

大変な数のコメントが寄せられており、「ホンダに治療費を請求するといいよ」「おっかないな、これは最悪だ」という人もいれば、「そのメーカーが好きなら嬉しいかもね。カッコイイだろって見せて自慢すればいい」という人も。反応は実に様々だ。

そんなエアバッグ火傷について、オンライン型コミュニティサイトの『wikiHow』には“Treat Airbag Burns(エアバッグ火傷の治療)”という記事がある。火傷をするのが手や腕の人もいれば、顔の人もいるといい、ほかの火傷と同じように考えてはいけないと強調。以下のような特別な治療法があるため、それを守ってほしいとしている。



エアバッグ火傷では重症度が「2度」であることが多く、患部にアルカリ性の化学薬品が付着していることに注意が必要とのこと。衣服やアクセサリー類が決して触れないようにし、できるだけ早く清潔な水で20分間以上冷やし、皮膚科を受診することが強く望まれるそうだ。

目に痛みを感じる場合も、瞼を開いて15分以上目を洗い流すが、生理食塩水があればなお良い。その後、必ず眼科を受診してほしいという。

また、どの病院でも「エアバッグで火傷した」と告げることが大事だ。エアバッグの火傷に詳しい医師なら、リトマス試験紙でpHを検査し、それがアルカリ度を示す7より高い場合は、先にそのための処置が必要だ。生理食塩水などでひたすら洗い流し、皮膚のpHを中性の7に戻すというシンプルな方法だが、なんと2〜12時間かかるという。

その後に抗生物質入り軟膏を傷口に塗り、滅菌された非粘着性のガーゼがかぶせられるが、はがさず24時間はそのままに。あとは1日に1〜2回の割合で交換するが、そのたびに患部をぬるま湯と無香料の抗菌石鹸で洗うと良い。アルコール消毒や液体の石鹸は避けなければならないという。

とにかく放置は厳禁。ひどい痛みが増したり悪臭や膿が現れたり、1〜2週間経っても軽快しないようなら、二次的な感染を起こしている可能性がある。必ず再び受診するべきだという。

重症度や本人の体質や年齢にもよるが、完治には2〜4週間かかり、皮膚はかなりのダメージを受けているため、少なくともその先1年間は紫外線から守る努力が必要になる。色素沈着が消えるには、相当な日数を要するとのことだ。

画像引用および参照:
reddit
Twitter
wikiHow

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

海外仰天ニュースほかにもいっぱい!