<元外資系CAその世界を語る>Vol.25 クルーの出身は世界各国 やがて見えてくるそれぞれの国民性と苛立ち

この記事をシェアする

世界のエアラインの中にはCAの出身国の物価や平均給与を考慮した金額が支給されるところもあるようですが、私がいたエアラインでは国籍にかかわらずCAの給与基準は統一されていました。そのため貨幣価値や物価が低いフィリピン、インド、中東出身のCAは「自国の平均給与額の10倍ほどのお給料をもらっている」と話し、いつもニコニコ、ウホウホしていました。

ところがお金を過剰に貰いすぎる状況が続くと、人はどうしても慢心するもの。彼女たちの仕事には徐々に甘えや怠けが生じるようになります。「どうせ真面目なクルーが一杯働いてくれる。それでいてお給料が高い私の人生は超ラッキー!」となっていくわけです。私にとって国籍により生じる“格差”は、働いているなかで最も許せないものの1つでした。お給料の基準が全員同じという外資系エアラインに勤めた場合、いつか必ずその苛立ちにぶつかることでしょう。とはいっても、会社にその不満を訴える者などいません。労働組合というものが存在しないので社員が改正を求めて訴えるチャンスなどないのです。

>>> Vol.26 「お客様から学んだこと カルチャーショックの連続」に続きます >>>

(佐藤めぐみ/エトセトラ)

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan



<目 次>

Vol.1 子供の頃から“スチュワーデスのお姉さん”になりたかった私

Vol.2 こんな皆さんに読んで頂きたいです!

Vol.3 なぜ米国のエアラインを選ばず、中東のエアラインに狙いを定めたのか

Vol.4 地獄の訓練

Vol.5 初めての乗務 泣いて笑って

Vol.6 お客様も色々な方が…王族の乗務、そして男性客のセクハラ

Vol.7 クレームはやっぱり怖い

Vol.8 ロングフライト中のクルー交代制度

Vol.9 整容検査(グルーミングチェック)は厳しい 美容整形はOK?

Vol.10 CAは美の競い合いの世界 人気のコスメはやっぱり…

Vol.11 空飛ぶ美しいオカマちゃんたち

Vol.12 緊張感みなぎる空の仕事 フライト前のブリーフィング

Vol.13 緊張感みなぎる空の仕事 ファーストエイド=救命救急

Vol.14 緊張感みなぎる空の仕事 実は多い各種のトラブル

Vol.15 CAの仕事は危険と健康不安がつきもの

Vol.16 CAになるとイイ思いをすることも多いの? もちろんイエス!

Vol.17 CAになるとイイ思いをすることも多いの? 航空券ほかの優遇制度

Vol.18 大好きなアノ方たちとの極秘2ショットは私の宝物

Vol.19 若い女性だもの恋はしていたい! パイロットとの恋愛は? まさかの不倫は?

Vol.20 若い女性だもの、恋はしていたい! ゼネコンや商社の男性たちとの合コンは?

Vol.21 素晴らしい社員寮! でもインターネット環境は…!?

Vol.22 イスラム教徒の国に暮らすことの真実

Vol.23 日本人CA同士の絆と結束 外出時に利用する交通機関、実は…。

Vol.24 クルーの出身は世界各国 ビジネス・ファーストクラスへの昇格は?

Vol.25 クルーの出身は世界各国 やがて見えてくるそれぞれの国民性と苛立ち

Vol.26 お客様から学んだこと カルチャーショックの連続【その2】

Vol.26 お客様から学んだこと カルチャーショックの連続【その1】

Vol.27 お客様から学んだこと 日本人旅行客にみるオバチャンたちのたくましさ

Vol.28 UFOに遭遇するって本当? 見た場合はどう対処するの?

Vol.29 ひどい乱気流でわかる揺れやすい席 万が一の際、少しでも安全な席は!? 

Vol.30 飛行機に乗ることが「どうしても怖い」という方へ

Vol.31 世界の危険な国々 ~不安の払しょくには知識と警戒心をVol.31 世界の危険な国々

Vol.32 雇用は3年ごとに更新。最初の3年を満了しただけで退職した理由

Vol.33 家族に万が一のことがあった場合は!? 緊急時に帰国は許されるのか

Vol.34 中東の二強エアラインを簡単に比較

Vol.35 CA受験合格に王道なし 学歴は?留学は?スクールは?

Vol.36 CA受験合格に王道なし 留学、そして専門学校の必要性は?

Vol.37 実際の試験はどのように行われたのか