<洋楽マニア>メロディックなロックの名曲 「シーザー」の『Broken』が今も世界中の洋楽ファンに人気

この記事をシェアする
何回聴いても飽きない、ロックファンが愛する名曲。(画像はYouTubeのサムネイル)
何回聴いても飽きない、ロックファンが愛する名曲。(画像はYouTubeのサムネイル)

映画『パニッシャー(The Punisher)』のサントラにも収録されている、超人気ロックバンド「シーザー」の『Broken』。こちらは南アフリカ発のバンドで、フロントマンであるショーン・モーガン、そして彼の当時の恋人であった「エヴァネッセンス」のボーカル、エイミー・リーの共演もおおいに話題になった。



1999年に結成された、バンド「シーザー」。こちらはロックバンドらしいヘビーなものからメロディックなものまでさまざまなタイプの楽曲が得意で、どれを聴いても「めちゃくちゃ良い」という根強いファンが世界各国にいる。こちらの楽曲は「US Billboard Hot 100」では20位、「US Alternative Airplay (Billboard)」では4位を記録するなどアメリカでも大健闘。「シーザー」の代表曲とされるもので、物悲しさ、キャッチーなメロディー、ミュージックビデオや2大シンガーのコラボまで、多くのファンに高く評価された。

ちなみにこの曲『Broken』は、ショーンが南アフリカを離れ渡米することを決めた際の心境を曲にまとめたもの。当時の妻がショーンと一緒にアメリカに移り住むのを拒み、娘と一緒に南アに残ることを決めたことで離婚が決定的に。結果的に家族がばらばらになってしまったことは、やはりかなり苦しかったのだという。

しかしその後、ショーンはエイミーと熱愛関係に。その関係は2003年から2年間続いたといい、この楽曲はちょうど熱愛していた頃(2004年)にリリースしている。

YouTubeの動画視聴回数は、現時点で2.7億回。亡くなってしまった人、別れた恋人などを思い聴くと心にしみるというファンが多く、リリースから17年が経過する今もなおコメントが続々と書き込まれている。ショーンの「いかにもロックンローラー」な声と、エイミーの美しい歌声。それが完璧にマッチし、実に良い曲に仕上がっている。

動画:『YouTube』Seether – Broken ft. Amy Lee

(Kayla星谷/エトセトラ)

海外仰天ニュースほかにもいっぱい!