「ガリで爆乳が最高にセクシーなのよ!」 バストをこの2倍にと望む女性に美容整形手術医2名が警告

この記事をシェアする
タラさんに「痩せすぎ」の自覚はない(画像はInstagramのスクリーンショット)
タラさんに「痩せすぎ」の自覚はない(画像はInstagramのスクリーンショット)

米国のエンタメ専門テレビ局『E!』で人気を誇る、リアリティ番組の『Botched』。一流セレブのお直しを多数引き受けてきた、凄腕・美容整形外科医のテリー・ダブロウ氏とポール・ナシフ氏が出演し、女性たちの絶大な支持を得ている。このたびその番組に出演したのは、豪メルボルン出身の看護師の女性だった。



「とにかく大きい胸が希望。このサイズじゃ不満。2倍にしてほしいのよ」と主張する、タラ・ジェイン・マッコナチーさん(32)。細すぎる鼻筋、しっかりとした頬骨、タラコのような唇…。すでに顔中をイジってもらっているようだ。

そんな彼女の問題は、体重が約45kgと痩せすぎていることだった。現在入っている豊胸用シリコンは片方540cc。それを1,000ccに増やしたいという彼女に、ナシフ医師とダブロウ医師は「その胸板では安全な豊胸手術にはならない」「もっと皮下脂肪が必要」「まずは体重を10〜15%ほど増やして」と忠言した。

タラさんの胸の上の部分は無理やり引き伸ばされているせいで、よく見ると縦の筋が入っている。彼女は「それを目立たなくさせるためにもサイズを大きくしたい」と望んでいるが、皮膚も皮下脂肪も大変薄く、シリコンを増やしてさらに引き伸ばせばダメージは計り知れないという。

それでもタラさんは、「とにかくスゴイって注目されたいの! ガリガリなボディに迫力のある胸が乗っている状態が最高にセクシーなのよ」と主張。医師2名の熱心なアドバイスを無視し、最後は「海外旅行が可能になったら、ヨーロッパに飛ぶわ。いいお医者様を見つけたから、そこで2倍にしてもらう。絶対にやってもらうから!」と言い放った。

タラさんの“聞き分けのなさ”に絶句する、ナシフ医師とダブロウ医師。自分の体を痛めつけ、安全より健康より美を追求しようとする彼女について、「いつかとんでもないツケが回って来ると思う。ただ心配です」と異口同音につぶやいている。

画像:『Instagram』tara_jayn3/The difference between me and Barbie is no one gets to play with me 👄

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらもどうぞ!】
20代美女vs妖艶なアラフィフ美魔女 「どっちが親か分からない」と話題に 米
奇跡的に事故に巻き込まれなかったバイク 「絶対に死なせない男」と神が定めた?
洪水で水が入り込みエレベーターが停止 首の高さまで浸かった3名やっと救出
「コロナ禍で自由を語る奴はバカだ」 シュワが感染予防に無関心な国民に物申す 米
「ボディビルで鍛えても女性にモテず腹が立った」 インセル男の無差別殺人事件こんどは英国で

海外仰天ニュースほかにもいっぱい!