レッドブルを1日12本以上飲み続け… 17歳専門学校生が不整脈で失神 スイス

この記事をシェアする
少女はエナジードリンクを冷蔵庫にいつも大量にストックしていた(画像はイメージです)
少女はエナジードリンクを冷蔵庫にいつも大量にストックしていた(画像はイメージです)

全く健康だったスイスの17歳の少女が、このほど不整脈を起こして失神してしまった。 原因はエナジードリンクの大量摂取。少女は、その危険性について自ら語る動画をTikTokに投稿し、同世代の子を持つ親たちに波紋を広げている。



少女はスイス・チューリッヒ州のマーシャ・Kさん(17)。自身が通っている医療保健専門学校で9月22日に突然倒れ、州立ヴィンタートゥール病院へと救急搬送されていた。

失神の原因は心臓の強い興奮がもたらした不整脈にあると判断した医師。マーシャさん本人に生活習慣について尋ねたところ、彼女は「思い当たることが1つだけある」と回答した。

それはエナジードリンク『レッドブル』の大量摂取。マーシャさんの日々はタバコとレッドブルで朝が始まるといい、なんと1日平均12缶、多いときは20缶も飲むような日々が続いていたというのだ。

驚いた医師は、カフェインの大量摂取がいかに心臓を刺激してしまうかを説明。 病院に戻りたくなければ、その悪習慣を直ちに断つようにと指導した。反省したマーシャさんは、現在では飲んでも1日に1〜2缶どまりと心がけている。

眠気知らずで活発な生活を送れる、利尿効果のおかげでむくみが取れるなどと言う人も多いエナジードリンクだが、適量を守ることは何より大切だ。マーシャさんは動画で「飲み過ぎれば私のようになってしまうかも。皆さん、どうか気を付けて」と呼び掛けている。

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらもどうぞ!】
器具を噛み続けてアゴを変形させた男性モデル 半年後ちょうどイイ感じに 伊
事故で頭の上部を失った女性 助手席で脚を前に投げ出していたことをただ後悔 アイルランド
13歳と14歳の米・男子中学生 学校銃乱射事件未遂でも顔と氏名がデカデカと公表
腕に自ら水銀を注射した15歳少年 「骨を金属にしスーパーヒーローに」も精神鑑定は異常なし
派手な生活でローン三昧の息子 狂言誘拐事件を起こし父親に身代金を要求 印

海外仰天ニュースほかにもいっぱい!