<米>Uber運転手を装う変質者も 強姦・殺人等の被害者にならぬため注意する点とは? 

この記事をシェアする
いくつか確認した上で利用したいUber。
いくつか確認した上で利用したいUber。

先日のこと、女子大学生がUber(配車サービス)の車と勘違いしある車に乗りこみ、そのまま失踪。ほどなくして変わり果てた姿で発見されるという痛ましい事件が発生し、アメリカが揺れている。そこで米メディアが類似事件の被害者にならぬよう留意すべき点をまとめ報道、十分に警戒するよう呼びかけている。ちなみに1年前のこの時期に、米メディア『CNN』は「Uber運転手のうち現時点までに少なくとも103名が性的虐待・暴行で告発された」と報道、うち数十名が有罪判決を受けたと報じていた。



友人達との楽しい外出後に、間違えた車に乗り込んでしまったがゆえに誘拐・殺害されたサマンサ・ジョセフソンさん、21歳。実は数年前にもUberを利用した女性、カーラ・ウェストランドさんがUberの運転手を装った男より性的暴行を受ける事件が発生しており、「もう利用しない」という人も増えているという。

そこで米メディア『TODAY』は以下の注意点をまとめ、「こうして安全に利用を」と米国民に呼びかけている。

■ 車に乗り込む前に、必ずアプリでナンバープレートを確認する。
■ アプリで運転手の顔を確認し、それから車に乗り込むこと。
■ 自分の名前を先に伝えず、運転手に言わせてから乗り込むこと。
■ 客が一人で乗り込む場合、Uberの運転手であれば後部座席に座るよう勧めてくる。(※非常時に、客が車のどちら側からでも降りられるようにするためでもある)
■ 「Share Status」というオプションをタップし、誰かに移動の詳細・情報をシェアしておく。

過去に運転手より強姦被害を受けたという女性は「ヒッチハイクと変わらない」とメディアに語り、利用者に十分に気を付けるよう呼びかけている。運転手、そして運転手を装う変質者による犯罪が決して皆無ではないことを念頭に置き、くれぐれも注意して頂けたらと思う。



参照:
CNN』CNN investigation: 103 Uber drivers accused of sexual assault or abuse
TODAY』Fake Uber drivers are out there: Here’s how to avoid becoming their victim

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<米>Uberと間違えた? 見知らぬ男の車に乗った女子大生、遺体で発見される
被害者はスカート姿の女性客ばかり886名 香港でUberが後部座席を隠し撮り
<米>出会い系の男がナイフを隠し持ちデート 女性の全身をめった刺しに
総合格闘技からの引退を表明したコナー・マクレガー 性的暴行で捜査対象か
誘拐・9か月の監禁・性的虐待から生還した元少女 前向きな生き方を語る