17歳の少女が安楽死 性的暴行によるPTSDで苦しんだ末に オランダ

この記事をシェアする
心の傷が大きすぎて…。(画像はイメージです)
心の傷が大きすぎて…。(画像はイメージです)

17歳のオランダ人少女が、安楽死を選びこの世を去った。「息はしているものの、生きている気がしない」 - そう明かしていた少女は幼い頃に強姦され、酷いPTSDなどに苦しんでいたという。



ノア(Noa Pothoven)さんの「安楽死したい」という願いが叶い、先日自宅にて亡くなった。ノアさんはこの世を去る前にインスタグラムを更新し、以下のように書きこんでいた。

「最後の悲しい投稿です。」
「でも長いあいだ計画していたことで、衝動的に決めたことではありません。」
「最長でも10日。それだけ待った後、私は死にます。何年も闘ってきましたが、これでおしまいです。」
「私の苦しみは耐え難いものだった。だから死ぬことに決めました。」
「こうやって息をしてる。なのに私はもう生きてなどいないのです。」
「良い決断じゃない - そんな風に説得したりしないでほしい。これが私の決断で、決意は変わりません。」
「愛とは、手放すことだわ。」

ノアさんは昨年自身の人生を本にまとめ、子どもの頃に性的ないたずらをされ強姦被害も受けたと告白 - その悲惨な経験ゆえにPTSD、鬱、さらには拒食症にまで苦しんでいることも明かしていた。また安楽死については17歳であることから両親の同意は不要だったもよう。ノアさんが安楽死するには「ドラッグやアルコールの影響を受けた上での決断ではない」と証明すること、また「この患者は耐え難い苦しみを抱えており状態が良くなる希望はない」と医師団が同意するといった条件が必要だったとみられている。

ノアさんの苦しみを理解し決断を尊重するしかなかった遺族の苦悩も、限りなく大きかったことだろう。



参照:『TooFab』17-Year-Old Rape Victim Legally Euthanized In The Netherlands

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
「愛犬と埋葬して」 身勝手な飼い主のせいで元気なワンちゃんが安楽死させられる
4歳児の手を食いちぎった犬の安楽死に「待った!」 オンライン嘆願書に18万人超が署名
サッカー選手ネイマール、性的暴行疑惑を否定 「合意はあった」
オーストラリアで誘拐された英国人旅行者 「性的暴行を受け目をえぐられそうに…」
総合格闘技からの引退を表明したコナー・マクレガー 性的暴行で捜査対象か