不潔極まりないアパートで野良犬の肉を食卓に… 子沢山母を逮捕〈ウクライナ〉

この記事をシェアする
不潔なアパートにこもっていた子供たち。(画像はイメージです)
不潔なアパートにこもっていた子供たち。(画像はイメージです)

違う男と次々と関係を持ち、5人の子を産んだある女(30)。うち1人の親権は男に奪われ、2人は孤児院へ。残る2人は手元に残し育てていた女だが、その暮らしぶりはあまりにも悲惨だった。



ウクライナで暮らすある女(30)は、母親、そして5人の子のうち2人(4歳、2歳)と一緒に、ゴミ溜めのようなアパートで暮らしていた。子供は次々と産むが計画性はまるでなく、そのせいで経済的にも苦しくなり十分な食料や子供のオムツも買えない状態に。そこでオムツは汚れたものを繰り返し使用させ、野良犬を殺しては貪り食うように。ゴキブリが天井から次々と落ちてくるアパートは不潔極まりなく、近所で暮らす人々も悪臭に悩んでいた。

当然水道代も払えず、トイレも壊れたまま。しばらくは近所の人たちも我慢したが子供たちが心配でたまらなくなり、「これはネグレクトにほかならない」「助けてあげて」と通報。警察がアパートに立ち入り、飢えていた子供たちを保護した。その時も子供のひとりはハダカのままで、警官が毛布にくるみ救出。怪我はしていないものの「健康状態に異常がないか確認が必要」と判断され、そろって病院に搬送された。

捜査の結果、子供たちはこのアパートで暮らし始めてから1度も外に出たことがなかったと判明した。眠る場所もないほどゴミが溜まっていたため、全員が床の隙間に転がって眠る日々だったことも明らかになった。

まともな育児ができない状態にもかかわらず、多くの子を産んだこの女。今後もしネグレクトで有罪と判断されれば、懲役5年の実刑判決を受ける可能性がある。責任感がないことは間違いないが、物を捨てられない、またゴミを拾っては持ち帰るという行動を長く続けていたことから、精神鑑定も必要になりそうだ。

気になる子供たちは、検査終了後にいったんは孤児院に移るとのこと。その後については、これから当局が十分に検討する予定だと報じられた。

水も使えないアパートで、野良犬を殺してはその肉を子供たちに食べさせていたこの女。子供たちが心身に受けた影響も、気になるところだ。



(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ブラッド・ピット、子どもを甘やかすアンジェリーナ・ジョリーの育児に不安も
ゴミ屋敷で暮らす高齢者を隣人らがレスキュー 掻き出した不用品は計27トン!
ジェニロペ元夫の父「ブサイクな息子よ、頑張れ」と励ます極悪育児法で成功
「怖くなっちゃって」 産んだばかりの赤ちゃんをゴミ箱に捨てて死なせた鬼母
姑よ、これはやめて! 嫁が嫌う行動パターン10を海外メディアが紹介