「新たな飼い主を探してあげたい」と捨て犬を保護した女性 子供を噛み殺される 〈米〉

この記事をシェアする
一瞬で噛み殺される結果に…。
一瞬で噛み殺される結果に…。

捨て犬に同情し、「どうにかして新しい飼い主さんを見つけてあげたい」と考えたある女性。しかしその犬がいきなり暴れ女性の息子に襲いかかり、死なせてしまう出来事があった。



米国・サウスカロライナ州で暮らすある女性が、自宅敷地内でうろつくピットブルを見つけ、「なんて可哀想なの…」と同情した。そこで新しい飼い主を見つけてあげたいと考え、新たな家が見つかるまで世話をすることに。しかしそのわずか数日後、犬はいきなり女性の息子(6)に襲いかかった。女性の夫、そしてペットの犬がピットブルに飛びかかり息子から引き離そうと試みたが、息子は致命傷を負い、ほどなくして死亡したという。

そのひどい荒れ方を目の当たりにした女性は、この犬につき「一般家庭で飼われていたペットではない」と考えているとのこと。「おそらくは猟師が飼育し、狩りに連れて行き動物を襲わせていたに違いない」と考えているそうだ。善意で拾った犬に息子を殺された女性は、このように語っている。

「拾って世話をしていたピットブルが、私の6歳の息子を襲いました。」
「あっという間の出来事で、どうすることもできなかったのです。」
「まるで実感がわかないのです。明日の朝目覚めても、私達の息子はもうここにはいません。」

優しく動物好きな女性は親切心でピットブルを保護したが、犬は女性が何よりも愛し大事にしていた男の子の命を、一瞬で奪ってしまった。

ちなみにコロナ禍でペットを飼う人が急増したというが、その一方で経済状況の悪化ゆえにペットの飼育が困難になり捨てる人も増えているという。捨てられる動物も不幸だが、救おうとして襲われるケースも皆無ではないようだ。



画像:gofundme.com

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
「ウチのカバは息子同然」 大切に飼育していた男性が噛み殺される
小学生男児がワニに襲撃される 腹などに食いつかれ死亡
「獲物と思われるわけがない」 ワニに接近した女性が襲われ死亡
<動画>ビキニモデル、撮影中にブタに尻を噛まれる バハマのあの島で
サメ急襲で男性死亡か ボロボロのウェットスーツが見つかるも遺体は行方不明