側頭部にヒレ状のアンテナを埋め込んだ男 「気圧も天気の移ろいもダイレクトに脳に伝わる」

この記事をシェアする
重さ500グラムもあるという特別なヒレを埋め込む
重さ500グラムもあるという特別なヒレを埋め込む

スペインのボディアーティスト、マネル・デ・アグアス(Manel de Aguas)さん。24歳の彼は自分自身を人間だと思ったことはない。何か別の生き物に違いないという思いが年々強まっているそうだ。彼の左右の耳の上には魚のヒレのようなアンテナが付いているが、それが彼に「第七感」ともいうべき超人的な感覚を与えているという。



インプラント技術を駆使し、体に様々なツールを埋め込んでいくことを人生の喜びとしているマネル・デ・アグアスさん。大地の振動を肌で感じたいと2017年8月に特殊なヘッドバンドを開発していたが、翌年には耳の上となる左右の側頭部に、骨伝導のためのヒレを埋め込んだ。

フィンの重さは軽そうに見えて500グラムもあり、太陽エネルギーで充電が行われ。Wi-Fiを通じて様々なデバイスと接続することができる。埋め込んで頭蓋骨に接続する施術は、日本の形成外科に依頼したそうだ。

パラボラアンテナの存在ということか、ヒレは頭蓋骨を通じて彼の脳に外の世界の温度、湿度、気圧、振動をダイレクトに伝えてくる。雨が降ることを予想し、ピタリと当てるマネルさん。彼のあまりにも斬新なライフスタイルは注目を集め、2019年6月には有名な『VICE』誌に取り上げられた。

改造により自分たちを人間から一歩進化させよう。そんな思いを胸に自身が創設したのは『TransSpecies Society』という組織だ。そこには、地震の寸前に起きる地鳴りを必ず察知するムーン・ライバズ(Moon Ribas)さんや、頭蓋骨にアンテナを埋め込んだことで、色の持つ音を聴きとれるようになったニール・ハービソン(Neil Harbisson)さんら、その道の有名人が多数いるという。



画像:『instagram』maneldeaguas

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
我が子の顔を彫ってもらうならこの男! 超写実主義なタトゥーアーティストがロシアに
全身タトゥーの幼稚園教諭 「怖すぎて保護者から苦情が来ました」 <フランス>
ジャスティン・ビーバー、タトゥー入れ過ぎ ワンちゃんゲットも一瞬「どこ? 」
身体改造がやめられず… 両耳切断やインプラントで“変身”した男性
<動画>世界を震撼させた「イランの化け物アンジェリーナ・ジョリー」に大きな変化!