ホームレス男の突撃訪問に善意 「うちで寝て」と招き入れた女性が強姦被害 <米>

この記事をシェアする
親切な女性を襲った男。
親切な女性を襲った男。

感謝祭の晩、眠る場所もなく困っていたこの男を見て、ある女性が優しい声をかけた。せめて眠る場所を提供したい。その一心だったというが、そのせいで女性はおぞましい感謝祭を過ごすことに…。



米国・フロリダ州で暮らすある女性の自宅のドアを、クラーク・キャプラン(44)という名のホームレス男が叩いた。すでに深夜だったというがドアを開けた女性は、感謝祭にもかかわらず行き場がなく「泊まる場所がほしい」という男を招き入れることに。

「どうぞ、居間の床でよければ寝場所に使ってください。」

そう声をかけ、自身も寝室に入って休むことにしたのだという。

しかし夜中に首を絞められた女性は目を覚まし、そのまま強姦被害を受けたとのこと。どうにかして自宅から飛び出そうとしたものの、キャプランに髪の毛をつかまれ逃げることもできなかったという。

この件で通報を受けた当局は、捜査を行い男の身柄を確保。保釈金は日本円で約1,000万円に設定されたというから、おそらく保釈されることはないだろう。

ちなみにこの事件に驚いた人は多く、様々な声が噴出。なかでも「知らない人を泊めるとは信じがたい」「親切というより非常識」という声が多く、「深夜にドアをノックされた時点で怪しい」「ノックされた時にすぐに通報したらよかったのに」「家に招き入れずにシェルターに行かせるべきだった」というコメントも噴出中だ。



画像:Pinellas County Sheriff’s Office

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
悪質YouTuber、歯磨き粉を挟んだクッキーをホームレスに与え「歯にも良い」 最悪と叩かれ罰則も
スター発掘? カニエ・ウェスト、ホームレス男性のラップに聞き惚れスタジオに連れていく
「サンタさん、クリスマスには食べ物をください」 貧困にあえぐ少女に起きた奇跡
天国のママにカードを書いた4歳女児 親切な郵便局員のとった行動とは…
囚人らがお手柄 心臓発作で倒れた刑務官の救命に貢献