浮気を疑いひねくれたままの婚約者 女性は嘘発見器を購入してまで証明しようとするも…

この記事をシェアする
その恋、夢中になっているのは私だけ…!?(画像はイメージです)
その恋、夢中になっているのは私だけ…!?(画像はイメージです)

どんなに彼を愛していると感じていても、関係がかなり長くなり婚約に至ったとしても、「気づいたところでキッパリと別れを決意したほうがいい」と言われるタイプの男がいる。この男はアナタの目にどう映るだろうか。



一人であれこれと悩む女性たちを多々救ってきた専門家がアドバイスする、英国のメディア『The Sun』の人気のお悩み相談コーナー『DEAR DEIDRE』。ここで、ちょっとした話題になっているのが、ある女性から寄せられたこちらの相談だ。

30歳の男性と婚約し、左手の薬指には美しい婚約指輪が光っているという28歳の女性。人生で一番輝いているに違いない時にもかかわらず、その心はなぜか晴れないという。

「婚約者が私の浮気を疑うようになり、ひねくれてしまっています。暴力をふるうことはありませんが、嫌味な言葉や意地の悪い態度が増えてきて、もう別れたいと言うようになりました。悲しくて仕方がありません。」

そこで彼女はあるモノを購入した。それはガルバニック皮膚反応を測定する「嘘発見器」。嘘をつけばナトリウムを含有する汗がじんわりとにじみ、それがプローブワイヤの電圧を変化させ、嘘か真実かを測る仕組みだそうだ。

その嘘発見器をもって、何とか「私は浮気などしていない」と証明しようとしている彼女だが、「緊張しすぎれば逆の反応が出たりして、大変なことになってしまうのでは…。そう思うと実験すること自体が不安でなりません」と悩みは尽きないもようだ。

これに回答者のDEIDRE先生は、「そんな眉唾物を信用してはなりません」と一蹴。それから「仮に嘘発見器で浮気をしていないことを証明できたとしても、そういう男と過ごす人生は決して幸せではないでしょう。彼は根性がひねくれ、ただのイジメっ子です」と彼女の婚約者をバッサリと斬った。

たとえ婚約したとしても、今からでも遅くないから出来るだけ早く別れなさいと勧めるDEIDRE先生。何を言っても信用してくれない男との結婚生活など、悲惨なものにしかならない。これからも論争の種になりそうな材料はゴマンと出てくるだろうという。

相手の男性のほうが別れたいというなら、これほどありがたい話はない。後腐れもなく、またストーカーと化して追われる危険性もなく、パッと別れることが可能だ。DEIDRE先生は「去ってもらって大歓迎。決して彼を追ってはいけませんよ」とアドバイスしている。

寂しさが付き物の破局。みじめな気持ちになり、めちゃくちゃ落ち込んで当然だ。クリスマスを独りで過ごすのか、次に出会う男性とこれほどの関係を築けるのか、家族も気に入ってくれるような人と出会えるのだろうか、そんなことを考えてしまうと不安は尽きないことだろう。

だが、それを乗り越えた先に見つけた新しい恋で「もっと大きな幸せをつかんだ」という女性の、多いこと多いこと。決して悲観することなく、ダメ男はどんどん捨てるべき。2020年にダメ男に月日を捧げてしまった気がするなら、2021年の手帳は必ずや、素敵な出会い、新しい彼氏とのデートを予約し、記録するためのものに。12月31日ですべての悔しさをリセットするくらいの気持ちで、どうか前を向いて歩き出してほしい。



(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ドナルド・トランプ大統領の元浮気相手 「暴露本に、全部書いちゃう!」
元MLB選手がA-Rodに宣戦布告「ジェニロペがいるのに浮気しているクソ野郎」
愛人とのイタリア極秘旅行で新型コロナウイルス感染 浮気がバレる寸前の夫 
元MLB選手ホセ・カンセコ、A-Rodとの浮気を元妻に否定され「うそ発見器の出番だ!」
ジェニロペは恋愛の達人にして人の気持ちに敏感 「男はね、女よりもうんと繊細なの」