「嫁に夫を奪われた」 嫉妬に狂った姑が妊娠中の嫁と殺し合い <インド>

この記事をシェアする
嫁が姑に反撃。死なせた上に焼こうとまで…(画像はイメージです)
嫁が姑に反撃。死なせた上に焼こうとまで…(画像はイメージです)

息子の嫁が妊娠したものの、それを喜ぶどころか「私の夫の子なんじゃないの?」と疑うようになった姑。ついには壮絶なバトルが勃発したが、妊婦といえど若い嫁を倒せるわけがなかった。



インド・アーメダバードで暮らすある女(ニキタ・アグラワル容疑者、29)は、今年1月に結婚し人妻に。しかし姑になった女性(52)とは相性が悪く、結婚した直後からたびたび口論するようになったという。

だが今から4ヶ月前に、アグラワル容疑者は妊娠。それを知った姑は、「アンタ、その赤ちゃんは私の旦那の子だろう」と言いがかりをつけるように。先日も容疑者の夫が仕事に出かけた直後に口論になり、一気にヒートアップしたという。

双方が逆上し絶叫しながら殴り合う大惨事になり、驚いた隣人らが家族に連絡。「お宅の奥さんたちがすごい喧嘩を始めた」「流血するほどボコボコに殴り合っている」と伝え、それを知り驚いたアグラワル容疑者の夫は慌てて家に戻った。しかしドアを何度叩いても鍵を開けてもらえず、困った夫はキッチンの窓から家の中へ。すると脳みそが飛び出すまで殴られた母親が血だまりで倒れており、すでに死んでいたという。

カッとなり、姑を殺害。さらには遺体に火をつけようとした可能性も高いアグラワル容疑者だが、お腹の赤ちゃんの父親が誰なのかについては報じられていない。

ちなみに認知症の症状として、配偶者の浮気を疑うケースがあるという。この姑は若年性認知症を患っていたのか、それともアグラワル容疑者は本当に舅と男女の仲になっていたのか。舅については新型コロナウイルスに感染し入院中だというが、退院後は息子との壮絶バトルが待っているかもしれない。



(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
姑よ、これはやめて! 嫁が嫌う行動パターン10を海外メディアが紹介
カニエがドレイクに激怒「だからウチの嫁をフォローするんじゃねえ」
年末年始を義理の家族と過ごす憂鬱な妻たち 専門家が提唱するサバイバル術
嫉妬に狂った男 元妻の新恋人を拘束し男性器を日本刀で切断
飼い始めて8年のペット 睡眠中の赤ちゃんを襲い大惨事に