世界一高身長の10代男子は中国の14歳 「成長ホルモンも食事の内容も問題ない」と医師

この記事をシェアする
ちょいとオッサンな雰囲気もナイス!
ちょいとオッサンな雰囲気もナイス!

いったいナニを食べればそんな体になるんだろう。いや、成長ホルモンの異常でも起きているに違いない…? 中国四川省に暮らす驚くほど高身長の14歳の男の子。その理由にも多くの人が注目しているもようだ。



今月18日、『ギネス世界記録』の認定員による測定を受け、13歳から18歳までが男女別に競う「世界一身長の高い10代」の男子部門に、来月にも正式に認められるであろうという四川省楽山市の小宇(シャオユー)くん。

幼稚園で身長が130cmほどになり、小学6年生の時にはなんと2メートルを超えてしまった小宇くんは、洋服も家具も特別にあつらえたものが必要になり、机の脚は長く、ベッドも全長250cmだという。

現在の身長は221センチ。まだ14歳になったばかりで成長期がしばらく続くことから、「230センチは軽く行くだろう」との声もある小宇くんだが、急激に骨が伸びることや体重が増えることで膝や足首などに負担がかかっており、すでに手術を数回受けている。

気になることのひとつに、脳下垂体の腫瘍で成長ホルモンの分泌が過剰になる巨人症があるが、いくら検査を受けてもそうした異常は発見されず、「両親からの遺伝でしょう」ということで片付けられているという。

両親と祖父母を合わせた6名の大人たちが、いずれも高身長だという小宇くんの一族。背が最も低い者でも170センチあり、特に高い母親および母方の祖父においては、なんと身長が190センチもあるそうだ。

ちなみに現在の世界記録の保持者は、2015年4月に認定された米国籍のケヴィン・ブラッドフォードさんで、215.9センチだった。彼はすでに18歳になっているため、もはや小宇くんのライバルではないという。



画像:『Mail Online』Is this the tallest boy in the world? Chinese pupil, 14, is already SEVEN FOOT THREE

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
トランプ大統領の息子バロンくん 14歳にしてついに身長2メートルか
ハーレイ・ジョエル・オスメントは身長ストップで役者廃業? いえいえ!
驚異的な長さを誇る美脚 身長205センチの29歳アジアン女性がすご過ぎる!
ピアース・ブロスナンの身長196cmのモデルの息子、「超人的な小顔」にびっくり
トランプ大統領の息子、12歳にして身長190cmか 母メラニアも180cmの高身長遺伝子