11歳女児を強姦した男 病院で被害者の妊娠を知り逃走 <米>

この記事をシェアする
11歳少女を妊娠させた鬼畜
11歳少女を妊娠させた鬼畜

米国・ルイジアナ州で暮らす34歳の男が、11歳の少女を連れて病院へ。そこで思いもよらぬ事実を知り、大変なショックを受けたようだ。



ウェンデル・サンチェス容疑者(34)が、10月18日に11歳の少女を連れて病院に向かった。理由は少女が腹痛を訴えたからで、この時点でサンチェス容疑者は「病気のせいで体調が悪いのだろう」と思い込んでいたようだ。

しかし少女を診察した医師は、「妊娠している」と知り愕然。すぐに通報し「11歳の女児が妊娠している」「女児を連れてきた男が赤ちゃんの父親のようだ」と伝えたことから、警官隊が病院に急行した。サンチェス容疑者は、警官隊が病院に来たと気づくなり現場から車で逃走。しばらくすると車から飛び出し走って逃げ、近所の団地敷地内に侵入した。そこで隠れるも発見され身柄を確保された容疑者は、違法薬物を所持していることも明らかになった。

ちなみにサンチェス容疑者と少女の関係につき現時点では報じられておらず、血縁があるのか、なぜ一緒にいたのかも不明のまま。また少女の妊娠週数も伏せられており、中絶がまだ可能な段階なのかも分かっていない。

容疑者の罪を重くみた当局は、保釈金を日本円にして5,000万円以上に設定。このまま裁判の日まで外には出られない可能性のほうが高く、その後も実刑判決と長い服役はまず免れない。この鬼畜のせいで普通の子供時代を奪われた少女 - その心の傷は、いかばかりだろうか…。



画像:Ascension Parish Sheriff’s Office

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
誤って発砲… 自分の男性器を撃ちぬき緊急手術を受けた男性
【閲覧注意】腹部を撃たれた女性があまりにも痛々しい腹を公開「これが銃社会の真実よ」
車に雪玉を投げられキレた男 子供たちを銃撃
「KISS」元メンバーがジーン・シモンズに激怒 「このクソ野郎、俺の女房にまで…」
アリアナ・グランデの兄、“既婚カップルとの熱愛”を経て関係破綻を公表