息子を望んだ男の狂気 妊娠7ヶ月の妻のお腹を裂いて性別を確認か <インド>

この記事をシェアする
かわいい娘5人に恵まれたのに…(画像はイメージです)
かわいい娘5人に恵まれたのに…(画像はイメージです)

子供が次々と誕生し、5人の娘の父親になったある男。再び妻が妊娠し「今度こそ息子がほしい」と願った男が、どうしても性別を確認したいという思いに駆られ理性を失った。



インドのウッタル・プラデーシュ州で暮らす男には、妊娠7ヶ月の妻(35)がいる。妊娠が判明してからというもの、男は「次に生まれるのは息子か、娘か」と子供の性別ばかり気にするように。7ヶ月が経過した頃には「知りたい」という思いを抑えられなくなり、ついには確かめることを決意した。

その方法は、妻のお腹を裂いて赤ちゃんを確認するというもの。理性どころか正気すら失っていたとみられ、計画を実行に移した。発見したのは隣人と女性の家族で慌てて病院に搬送したが、女性は危篤。赤ちゃんの性別や現在の様子も含め詳細は伏せられているが、凶行に及んだ夫についてはほどなくして発見され、身柄を確保されたと現地メディアは伝えている。

ちなみに夫本人は犯行動機につき明言を避けており、現時点では何を用いて妻の腹を裂いたのかもわかっていないとのこと。妻を殺す気だったのか。赤ちゃんが女の子だった場合、どうする気だったのか。赤ちゃんが男の子だった場合、そして妻が死んでしまった場合、どうやって育てる気だったのか。逮捕される可能性は考えてもいなかったのか。それらについても不明で、今後の捜査で男が何を話すのかに注目が集まっている。

インドでは、お腹の子が女の子だとわかるなり中絶するケースも。男の子に対するこだわりが強く、息子を産まない妻が夫やその親族から暴行を受けるといった信じがたい事件も起きている。今回襲われた妻の両親も「娘婿の動機ならわかりきっていますよ」「あいつは息子を望んでいたんです」と当局に話しており、警察もそれが動機とみて捜査を続けている。妻の命を軽くみて惨い行動に出た男に対し、海外でも驚きと批判の声が噴出している。



(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
錆びた刃物が背中に刺さったままの捨て子 運よく助かる
外食中に「デブ」と呼ばれた肥満女性 反論後に殺害される
子連れ外出で息切れ 一念発起した肥満父が減量成功で見事に大変身
妊婦ジェシカ・シンプソンが「助けて!」  驚くほど浮腫んだ足の写真にファン衝撃
新型コロナ陽性で重症化した女性が出産 昏睡中に産声あがる