ワニに反撃 腕を食いちぎられた男性の知人が捕獲し食用に <タイ>

この記事をシェアする
ワニにリベンジ。でもちょっと怖い…。(画像はイメージです)
ワニにリベンジ。でもちょっと怖い…。(画像はイメージです)

タイ・ラヨーン県で暮らす52歳の男性が、魚釣りの最中にあまりにも痛い目にあった。



9月17日のこと、ヨンユット・ハララットさんは地元の釣りスポットで、のんびりと過ごしていたという。しかしそこにいきなりワニが現れ、ヨンユットさんを襲撃。体当たりするように襲いかかったワニは、突然の出来事にショックを受け怯んだヨンユットさんの右腕に噛みついた。

ワニが噛む力は、地球上最強ともいわれるほど。ヨンユットさんも抵抗はできず、あっという間に腕を噛みちぎられてしまったとのこと。このときたまたま近くにいた友人らが果敢にも水の中に飛び込み、大出血しているヨンユットさんを救出。そのおかげでヨンユットさんは命を落とす前に病院に搬送され、容体は安定しているという。

ちなみにこの友人らは、ヨンユットさんを襲ったワニに反撃。捕獲してからとどめをさし、さらには「仕返しだ」と調理して食べてしまったと現地メディアは伝えている。これを友人らによる復讐劇と複数メディアが報じているが、胃袋にヨンユットさんの腕や肉片が残っていたのだとしたら、ワニによる襲撃以上に恐ろしい。

ヨンユットさんが襲われた現場の近くにはワニファームがあったが、そちらは最近になり倒産してしまい、ワニの世話をする人がいなくなってしまったのだそう。「ヨンユットさんを襲ったワニもそこから逃げ出したのではないか」と近隣住民は話しているというが、今となっては真相は分からないという。

ちなみにもしワニに襲われ噛まれても、目に指を突っ込むなどし逃げることができるケースも稀にあるという。もしもの時のために、念のため覚えておきたい。



(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
「獲物と思われるわけがない」 ワニに接近した女性が襲われ死亡
犬なのかトラなのか 無理やりトラにさせられた犬が大活躍する
ハイキング中クマに遭遇した12歳少年 襲われずに済んだ秘訣とは…
顔がふたつある猫が誕生 両方の口から器用にミルクを飲みすくすく成長
全長8メートルのサメをスペイン沖で目撃 世界で2番目に大きな「ウバザメ」か