男が恋人の額と眼球を叩き割り殺害か 犯行を認める供述も <タイ>

この記事をシェアする
額も目もぐちゃぐちゃに…(画像はイメージです)
額も目もぐちゃぐちゃに…(画像はイメージです)

タイのパッタルン県で暮らすナッターポル・ダムシン容疑者(20)が、しばらく交際していた女性(23)を襲撃。無残にも殺害し屋外のケージに放置していた可能性が高いとして、身柄を確保された。



9月13日のこと、ある家の外に設置されているケージの中に放置されている女性の惨殺遺体が発見された。通報を受け現場に駆け付けた警官隊は、突っ伏した状態で倒れている若い女性を引きずり出して状態を確認。すると顔面を激しく殴られた形跡があったといい、おでこと両方の目は打ち砕かれ悲惨な状態だったという。

ケージに入れられてからすでに9時間は経過していたとみられ、「遺体にはアリが群がっていた」と現地メディアは伝えている。

その後の調べで、女性はダムシン容疑者の交際相手だったことが判明。その日も容疑者宅を訪問する姿を近所の人たちが目撃していたが、家からは激しく罵りあう声が聞こえたといい、「喧嘩していたようだ」という証言も得られたという。しかしこのカップルの喧嘩は珍しいことではなく、近所の人たちも「またか」と考えただけで介入はしなかったとのこと。だが今回の喧嘩はいつもより激しかったとみられ、容疑者は無残にも女性を殺害してしまったようだ。

身柄を確保されたダムシン容疑者は、「俺は殺していない」と主張。しかしその後に「嘘をつきとおすのは無理」と断念したもようで、「俺が殺しました」「別れると言われたからカッとなっちまって…」などと話しているという。その後にケージに入れたのも同容疑者だというが、遺体を完璧に隠そうと試みるほどの心の余裕はなかったようだ。



(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
22歳の女が保険金を搾取しようと自ら手を切り落とす 愛とサイコが交錯か
祖母の遺体を冷凍庫に詰め15年 詐欺女が逮捕される
新型コロナ感染者が駅で他人の顔にツバ 乗車後に死亡する
インド 双子の赤ちゃんが新型コロナにちなんで「COVID」「CORONA」と名付けられる
ジゼル・ブンチェンも苦しんだ不安症状 「最悪な時期があった」と回顧