『スター・ウォーズ』女優デイジー・リドリー 「シリーズ撮影後はオーディションに落ちまくった」

この記事をシェアする
「しばらくはオーディションにも落ち続けた」と告白。
「しばらくはオーディションにも落ち続けた」と告白。

大ヒット映画『スター・ウォーズ』シリーズでレイ役を見事に演じた、英国出身の女優デイジー・リドリー(28)。しかしそのキャラクターの印象が強すぎたのか、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の撮影後は「なかなか仕事を得ることができなかった」と明かした。



このほどデイジーがメディアの取材に応じ、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の撮影後は仕事探しに非常に苦労したことを告白。以下のように語った。

「ものすごい数のオーディションを受けたのに(失敗したの)。」
「変でしょ、とにかくダメだったのよ。」

大作への出演で人気を不動のものにしただけに、これには大きなショックを受けたというデイジー。本人も「ああ、誰も私なんか雇いたくないということね」と考え落胆したというが、今は再び演技の仕事にも恵まれ、女優業を続行中だ。

ちなみにデイジーのように演技力がある役者の場合、「他の役へのシフトは困難ではないか」と推測される時期があってもたいていは生き残る。『ハリー・ポッター』シリーズのダニエル・ラドクリフ(31)も「他の役は演じられないのではないか」と言われたが、映画そのものの規模を問わず様々な役に挑戦し続け、実力派であることを証明。すでに相当な資産はあるというダニエルだが、今も立派に活動を続けている。

また気になるデイジーの推定純資産の額だが、現時点で約6億円~8億円超ではないかと伝えられている。ハリウッドで長く活躍する役者たちに比べれば少ない額なのだろうが、デイジーもすでに富豪であることは間違いない。今後の活動しだいで、デイジーもさらに資産を増やせるだろう。



画像:『Facebook』Star Wars Movies

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
『スター・ウォーズ』最新作で、レイア・オーガナの若き日を演じた美女が話題に
『スター・ウォーズ』最新作 アジア系女優の出番が少なく批判噴出するも事情があった!
死ぬ前に『スター・ウォーズ』が観たい ホスピスで夢を叶えた男性
『スター・ウォーズ』シリーズでチューバッカを演じた俳優が死去
マーク・ハミル レイア姫こと故キャリー・フィッシャーを改めて追悼