嫉妬に狂った男 元妻の新恋人を拘束し男性器を日本刀で切断 <ポルトガル>

この記事をシェアする
【結婚生活が破綻するも、相手の心変わりは許せず…(画像はイメージです)】
【結婚生活が破綻するも、相手の心変わりは許せず…(画像はイメージです)】

結婚生活が破綻したにも関わらず、元妻のムーブオンがどうしても許せなかったある男。ついには日本刀で元妻の恋人を襲い、その局部を切断。その一部始終を元妻に見せるという異常な行動に出た。



結婚生活にヒビが入り悩んでいたあるビジネスマンは、今年3月に入り妻と別れることに。結婚生活の破綻に続き元妻に新恋人ができたことを知り、まさに“ブチ切れた”。男は元妻の車にGPS発信機を取り付け、行動を把握。元妻と恋人が滞在していた休暇用の家に侵入し、ふたりを拘束した。

その後に男は日本刀を含む複数の刃物を取り出し、元妻の恋人を襲撃。その局部を6時間かけて切り取るなど拷問を加え、そのすべてを見ることを元妻に強いたという。

この時受けた凄惨な拷問により、元妻の恋人は死亡。元妻は必死に拘束を解き逃げ出したがショックがあまりにもひどく、さらに縛られていた両手首に傷ができていたことから病院に搬送された。その後に元妻が警察に事情を話したことから、捜査がスタート。警察が元夫を捕まえるため事件現場に向かったが逃走した後で、その後に自殺し変わり果てた姿になった元夫を発見したという。

別れたとはいえまだ愛していた元妻 - その心変わりのはやさに動揺し血迷った末の犯行とみられているが、その殺し方はまるでスプラッター映画だ。しかもすべてを見せられた元妻だけが残るという結果になり、地元からも「怖すぎる」という声があがっている。

殺害方法にもさまざまなものがあり、多くの殺人犯は銃殺など「時間がかからない方法を選ぶ」という説もあるが、この男は怒りと嫉妬から拷問を選択。その末に殺害するという、あまりにも残忍な方法に走った。

元妻が破局を前に浮気していたのか、それとも破局後に新恋人ができたのかなどについては伝えられていない。



(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
日本刀で恋人を斬りつけた凶悪犯 凄惨な事件に震撼
夫が法廷でマジキチ提案 離婚協議が難航する妻と「刀で決闘したい」
ヒトラーを崇拝する元恋人に恨まれた美女 拷問の末に殺害される
シリアルキラーの脳は研究材料に? 「死んだらぜひ提供」と促された凶悪犯が動揺
怖すぎるストーカー女 元カレの職場に豚の頭を送付