お腹が膨らみ続ける女性 「手術をしたのに再びこのサイズに…」と苦悩 <中国>

この記事をシェアする
(どんどん大きく…)
(どんどん大きく…)

中国・貴州省で暮らすこの女性(36)が、どんどん大きくなるお腹に苦しんでいる。



2児の母でもあるこの女性のお腹が急に大きくなりだしたのは、2年ほど前のこと。体そのものは痩せ過ぎにもかかわらずお腹だけが膨らみ続けるといい、今は「どうにかして原因を突き止めたい」「そして治療を受けたい」という願いから、資金を必死に集めている段階だそうだ。

この女性は現地メディアの取材に応じ、「痛みもあって、病院には行ったのです」と告白。薬をもらい痛みはなくなったというが、その後もお腹はどんどん大きくなり、今もあちこちの病院に行き救いを求めているという。

ちなみにこれまでに下された病名は卵巣がん、肝硬変、腹水などだったとのこと。しかしここまでお腹が膨らむ原因は今もわかっていないといい、「良性腫瘍ではないか」と話している医師もいるのだとか。また診察にあたった医師のひとりは、女性の体内から余分な水分を除去。しかし手術のあとほどなくして再びお腹が膨らみ始め、このような姿になってしまったのだという。

このお腹のせいで、女性は普通に生活することも困難な状態に。しょっちゅう妊婦に間違えられるというが、妊娠もしていないという。また睡眠も困難で、長いあいだ立っていることもつらいとのこと。子供たちはまだ幼いというが育児も思うようにはこなせないため、現在は子供たちの祖父母が育児に協力して女性を支えている。

「早く回復して元気になりたいのです。」

そう語る女性は地方自治体からの寄付などを受け「これでまともな治療が受けられる!」と喜んでいたが、病院に行ったところ「手術を受けるにはもっとお金が必要」と言われ断念したとのこと。「善意の寄付が十分に集まりしだい治療を受ける」というこの女性が元気になることを、子供たちも待ち望んでいる。

(長い距離は歩けないという女性)
(長い距離は歩けないという女性)



画像:Pear Video

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
15歳なのに老婆のような「早期老化症」 美容整形手術でやっと美少女に
難病で肌が弛む女性(28)、インスタグラムで話題になるも体調はすぐれず
<動画>多発性硬化症と闘う女優セルマ・ブレア 明るいメイク動画が話題
オバマ前大統領の妻ミシェル夫人 流産を経て「娘は体外受精で授かった」と公表
家族が集結しBBQパーティー うち14名が新型コロナに感染し1名が死亡