「女の子になる」とトランス宣言した整形タレント 最新の姿に衝撃 <英国>

この記事をシェアする
(完璧な男を目指した過去を捨て、女性に…)
(完璧な男を目指した過去を捨て、女性に…)

ブラジルで生まれるも、その後にイギリスに拠点を移しタレント活動に励んできたジェシカ・アルヴェス(37)。彼女の元の名は、ロドリゴ。男性として生まれたジェシカは完璧な男を目指すべく体中を整形手術で変え話題を集めたが、その一方で「女として生きたい」という願望を胸に秘め、こっそり女性ホルモン剤を入手しては服用していたとのこと。そしてようやく女性として暮らし始めたジェシカだが、自然とは程遠い姿になってしまった。



余分な脂肪を用い、人工的に割れた腹筋を作るなどし世界中のメディアを驚かせたジェシカ。しかしその後は「大きなお尻にしたい」と言いはじめ、腹筋を“除去”し巨大な尻をゲット。「割れた腹筋なんて私のボディには似合わない」「アホ臭かったでしょ?」などと語っていたが、その頃からジェシカはトランスジェンダー女性として暮らす決意を固めていたようだ。

その後、ジェシカはトランスジェンダーであると告白。胸もお尻も大きくし、顔も髪もこの通り。明らかに不自然ではあるが、本人はようやく「私はセクシーな女性」と思えるようになり大満足しているという。

「男だったころは、ちっとも自分のことをセクシーと思えなかったわ。自信も全然なかったの。」
「でも今の私はこの通り女性よ。すごくセクシーになれた気分だわ。」

顔についてはいじりすぎ、特に鼻については崩壊寸前になったことも明かしていたジェシカ。しかし完全な女性として生きていくため、ジェシカは今後2~3回の手術を受ける予定にしているという。「それがすんだらもう手術は受けないわ」とも語っているが、何年も手術を受け続け完璧を目指してきただけに、それを信じているファンとメディアは多くない。ちなみに鼻については度重なる手術のせいで正常に機能しなくなっていたといい、それが原因で予定していなかった“補修”が必要になったのだという。

女性として生まれ変わったジェシカ、37歳。過去にはTV出演や歌手デビューも果たしているが、これからどういう方向での活動を目指すのかなどは不明だ。

(胸もお尻も完成しこの通り…)
(胸もお尻も完成しこの通り…)



画像:『Instagram』jessicaalvesuk

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
驚異の整形連発で理想の男を目指したタレント 「実はトランスジェンダー」と衝撃告白
整形タレント 手術で得た割れた腹筋を除去し尻に注入
整形を繰り返した人間版ケン人形 「鼻がついに崩壊寸前なんです」
スゴイ整形が話題のタレント、歌をリリースして「意外に売れた」と話題に
整形繰り返す「人間版ケン人形」 手術で顔面にできた塊を除去もさらに整形へ