侵入者が野球バットで家族数名を撲殺 隠れて難を逃れた10歳児の通報で逮捕 <米>

この記事をシェアする
(おぞましい事件を起こした鬼畜)
(おぞましい事件を起こした鬼畜)

米国・フロリダ州で暮らす10歳の男の子が、あまりにも恐ろしい目に遭った。



先日、ある住宅にこのプレデターのような男がいきなり侵入した。この男は、野球バットを持って家にいた人たちを襲撃。10歳児の祖父、祖母、さらにオジをも力任せにメッタ打ちにし、うち祖父とオジをその場で撲殺した。祖母だけは死を免れたものの重傷を負っており、その後に病院に救急搬送されたという。男の子は突然の騒ぎに驚きバスルームに逃げ込み、そこに隠れたまま通報に成功。警官隊がすぐさま現場に急行し家に閉じこもっていた男に懸命に声をかけ、その後に突入した。

男は別のバスルームに閉じこもり漂白剤を飲んだとみられ、警官が家に入った時点では意識がなかったという。男は病院に搬送されたというが、現在の状態など詳しいことはわかっていない。

ちなみにその後の調べにより、事件発生までの経緯はある程度判明したという。この男は家に侵入する直前に車で茂みに突っ込み、「こんなに傷んだ車は使い物にならない」と乗り捨て近くにあったピックアップトラックの盗難を試みたとのこと。それを食い止めようとした少年の親族ともみ合いになり、逆切れした状態で家の中へ。そこにいた人たちにバットで襲いかかったのだという。

男が漂白剤を飲むために飛び込んだバスルームが少年が身を潜めていたバスルームだったとしたら、少年も惨殺されていた可能性が高い。

まるで無関係だったにもかかわらず、いきなり襲われ命まで奪われた被害者たち。残忍な暴行と殺しに及んだこの男には、重い刑が言い渡されるはずだ。



(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
家族が集結しBBQパーティー うち14名が新型コロナに感染し1名が死亡
休暇中にライオンに襲われ腕の一部を食いちぎられた男性 旅行会社を提訴
局部にマスクで「ちゃんと着けてます」 仰天男がロンドンの街を歩く
「マスクをつけて」と言われキレた男 高齢者を刺し警官に射殺される
「死を意識した」 武漢の男性、新型コロナウイルス感染から回復までの様子を激白