囚人らがお手柄 心臓発作で倒れた刑務官の救命に貢献 <米>

この記事をシェアする
(「迷うことなく助けました」)
(「迷うことなく助けました」)

米国・ジョージア州グイネット郡にある刑務所内で、刑務官がいきなり倒れるという出来事があった。



ウォーレン・ホッブスさんという名の刑務官が、職場である刑務所でいきなり体調を崩した。ホッブスさんは、心臓発作を起こしそのまま卒倒。頭を強打しケガを負ったホッブスさんは、血を流した状態のまま動かなくなったという。

その様子を見て驚いたのが、ものすごくぎこちない笑顔のこの3人の男性。この独特の服装からもわかる通り彼らは囚人だが、他の職員が近くにいない場で倒れたホッブスさんを見るなり「助けを呼ばなくては」と決意したという。しかし3人とも収監された身で、自由に所内を移動することは不可能。「ならば大騒ぎして職員に気づいてもらうしかない」と考えたという3人は、メディアの取材に応じこう話している。

「騒音を出したり、大声を張り上げたり…。ドアをバンバン叩いたりもして、みんなに気づいてもらおうと努力したのです。」

彼らが出したものすごい騒音のおかげもあり、ホッブスさんはようやく意識を回復。必死に手を伸ばしてボタンを押し、監房のドアを開けたという。その瞬間に飛び出した中央の男性は、すぐに電話を取り救助を要請。その後すぐにレスキュー隊がかけつけ、弱っているホッブスさんを病院に救急搬送した。発作が起きてから短時間のあいだに病院に行くことができたホッブスさんは退院するまでに回復し、現在は家で静養しているという。

「本当に恐ろしかったですよ。警官だろうが誰だろうが、そんなの関係ありません。人の命を救うためなら、何だってしますとも。僕は誰の死も望んではいません。」

この3名に対し、刑務所の関係者たちも深く感謝。公式SNSには「勇気、決断力、そして親切な心をもつこの3名に感謝しています」「刑務官を助ける義務もないこの3名が、ためらうこともなく救命に貢献してくれました」などと書かれている。

新型コロナウイルスの感染拡大も含め、嫌なニュースが連日様々な国から飛び込んでくる。このニュースについては「囚人が警官を見殺しにした」「息の根を止めた」といった暗い内容ではなく、何よりであった。ちなみにこの3名がなぜ収監されているかについては、現時点では明かされていない。

(助けられた刑務官)
(助けられた刑務官)



画像:SWNS

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
「私は老人だ、代わりに死ぬ覚悟で救う」 フェリー船長が川に落ちた女性を救出
超勇敢なパパ、燃え盛る炎から愛犬を救出! 消防士が立ち尽くすなか
少女時代に誘拐され生還したエリザベス・スマートさん 機内で受けた性的被害を告白
英テロ事件で襲撃された女性 18回刺されるも「死んだふりをし斬首されずにすんだ」
エイズの医師、437人の子ども達をHIVに感染させた容疑で逮捕