恐怖ホテルで過ごす夜はいかが? 墓地横にあるホラーホテルが大人気 <米>

この記事をシェアする
(2000体以上のピエロがお出迎え)
(2000体以上のピエロがお出迎え)

米国ネバダ州に、不気味なホテルがある。CEOによると、いくつかの部屋からは客がいない日でも奇妙な音が聞こえるとのこと。墓地のすぐそばにあるこのホテルに、CEOも“不思議なパワー”を感じているそうだ。



「The Clown Motel」というこのホテルがあるのは、墓地のすぐ隣。それだけでも気持ち悪いが、ホテルの中には2000以上ものピエロのフィギュアがずらり。このホテルのCEOを務める人物は、メディアの取材に応じ「ホテル内に人がいないときでさえ、足音、ドアをノックする音、それに人の声が聞こえてくるんです」と告白。さらに以下のように話している。

「初めてここに移ってきたときは、僕だって怖かったんです。」
「とりあえず、夜は眠ることもできなかった。」
「でも、ある時こう思ったんです。『俺はなぜここに来たんだろう? なにかすごいパワーに引き寄せられたに違いない。このホテルを俺に任せたいと思われているんだろう』ってね。だから僕についていえば、ホテルに棲みつく化け物に悪さをされる心配はないと思っています。」

ちなみにこのホテルにはいくつも客室があるが、中でもなぜか108, 109, 210, 215, 217という番号の客室で不思議な出来事が起きているという。またホラー映画ファンに滞在を満喫してもらうため、人気恐怖映画を意識してデザインした客室も用意してあるそうだ。

また実際にこのホテルに宿泊した客らは、「いきなりドアが開いたり閉じたりしたんです」「バスルームに女性の亡霊が出ました」などとコメント。このホテルは外国からの旅行者にも人気で、ドイツやスイス、フランスや英国からも、「噂を聞いて泊まりにきました」という客が訪れているという。

「そうなんですよ。それにしても、なぜ人々はピエロを不気味だと思うのでしょうか?」

そうも語ったCEOは、こうも続けている。

「昔、僕はよく祖母にこう言われたんですよ…。気分が沈んだらピエロを見てごらんってね。だから僕はせっせとピエロのフィギュアを集めたんだ。ピエロは笑う…そういうこと。それにピエロは人を笑わせてくれますしね。」

このCEOが一番不気味かもしれない。



画像:『Instagram』clownmotelphotos

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
「家に、確かに何かいる…」 惨殺事件現場で暮らす男性が語る外出自粛の恐怖
歌手スティング 古い屋敷で暮らし亡霊と遭遇した恐怖体験を告白
セレブ達は見た!? 恐怖の心霊体験に背筋ゾゾゾ~
有名な幽霊屋敷 「無料でこの家をどうぞ」というオファーも希望者なく
「息子さんが死去しました」という公式文書に母が愕然 「ならこの子は幽霊か!」