局部にマスクで「ちゃんと着けてます」 仰天男がロンドンの街を歩く

この記事をシェアする
極小水着マンキニ実はマスク… 仰天男がロンドンの街を歩く
極小水着マンキニ実はマスク… 仰天男がロンドンの街を歩く

女はビキニ、男はマンキニ…。世の中に男のためのとんでもない水着があることを広く知らしめたのは、ハリウッドの爆笑コメディ映画『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』だった。そして今、ロンドンの街には、それ以上に過激なスタイルで歩く男が出没しているという。



水色の不織布マスクを局部に装着させた男が出没するロンドン。この写真は市の中心部であるウエストミンスター区のオックスフォード・ストリートという、イギリスどころか欧州で最も人出が多い繁華街で撮影されたものだ。

新型コロナウイルスの蔓延に苦しめられているイギリスでは今、「ショッピングなど人が集まる場所に出る時はフェイスマスクを着用するように」と法的にも義務付けられている。違反すれば出入り禁止はもちろん、罰金を科されることもあるそうだ。

この男性が街に現れたのはその条例が施行された日のことで、男性は「見て? 僕もちゃんとマスク着けてるよ」と言いたげだ。ボリス・ジョンソン首相がこれを見たら、ガクッと全身の力が抜けてしまうことだろう。今、この男性に関する写真がさまざま出回っているが、マスクの左右のひもがギリギリまで引っ張られて背中で結ばれているため、いつかブチ切れてしまいそうだ。

しかしマクドナルドに入店し、当然ながらトラブルになったとの情報もある。その後はどこかで公然わいせつの現行犯として逮捕されたものと考えられているが、マクドナルドでのやりとりも含め、治安びん乱や条例違反などいくつもの罪に問われたのではないだろうか。



画像:『Real Talk Time』NOT RECOMMENDED USE – UK Man Sports Face Mask As G-String And Walks Down Oxford Street

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
手製のマスクにストッキングをはさむと医療用マスクなみの効果 米大学助教授が発見
「コロナは嘘、でっちあげだ」 パーティーに参加した男性が壮絶コロナ死
「マスクをつけて」と言われキレた男 高齢者を刺し警官に射殺される <米>
イルミナティ・カードが新型コロナを予言という「嘘」 マスクの絵で墓穴を掘ったか
「死を意識した」 武漢の男性、新型コロナウイルス感染から回復までの様子を激白