MacBookのカメラを粘着テープで覆うのはNG ディスプレイ不具合の原因だった

この記事をシェアする
カメラの丸い部分を覆ってしまうのはNGだった!(画像はイメージです)
カメラの丸い部分を覆ってしまうのはNGだった!(画像はイメージです)

MacBookユーザーからクレームや疑問が相次いでいた、「カメラを何かで覆っているとディスプレイに不具合が生じるのでは」という件。このほどAppleが公式ウェブサイトにて「そういう現象が起きることはあります」と事実を認めた。テープなどを貼っているという人は、速やかにその方法を変えるほうがよさそうだ。



「パソコンにスパイウェアが仕込まれ、カメラが勝手に作動し、アダルトものを愉しんでいる自分の顔写真が撮影されてしまう。そして、情けない表情が自分のアドレス帳に登録してある人々に突然さらされてしまう。」

こんな情報が巷に出回るようになって以来、人々は知らぬ間にパソコンのカメラが自分の顔を撮影することを忌み嫌い、当然ながら「何かでその部分を覆ってしまおう」と考えた。カメラが「オン」かどうかは横にある緑色のライトを確認すればよい、Appleはそう言うが、スパイウェアは何をするかわからない厄介なもの。その部分をビニールテープで覆ったという人もいれば、ベタつきを嫌い微粘着性の付箋を貼ったという人もいるだろう。

しかし、MacBook、MacBook Air、またはMacBook Proのカメラはそれを何かで覆うようには設計されていないそうだ。分厚い何かを貼れば閉じた時に破損が生じる、ということは想定の範囲だが、そういうことではない。環境光センサー、自動輝度設定、自然な色合いで表示するためのTrue Toneと呼ばれるホワイトバランス自動調整機能など、ユーザーが考えている以上にデリケートな機能がその部分には搭載されているといい、その部分を覆うことでディスプレイに不具合が起きてしまうというのだ。

「しかしカメラがむき出しでは怖くて仕方がない」と不満を募らせるユーザーたち。これにAppleは「粘着性ゼロの非常に薄いものをご使用ください」との解決策を示している。ただし「画面を閉じる前に必ず剥がしてください。危険です」との警告も添えられているようだ。

ちょっと面倒なことになってしまったユーザーたち。こうなると、剥がし忘れてディスプレイに不調が生じた際、ユーザーの「そんな部分は読んでいませんでした」という釈明は聞き入れてもらえないだろう。「要するに、あの高い保険にしっかり入っておけってのが話の着地点かな」と皮肉めいた声も聞こえている。



画像:『instagram』lilmarlo_1

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
大統領選出馬の米ラッパー、カニエ・ウェスト 2月にコロナ感染か
キム・カーダシアン66億円大豪邸をのぞき見 ピアノで甘美なメロディを奏でる夫カニエ
リアーナのラッパーの弟、暴行事件を起こして逮捕 故郷バルバドスで
「このラッパーの名を募集中!」意外にもお茶目なスヌープ・ドッグの爆笑インスタ
YEEZYスニーカー素材でトラブル カニエ・ウェスト日本の繊維業者に62万ドルの代金不払いか