「葬儀と挙式を同時に…」 亡き父のために工夫した新郎 <インドネシア>

この記事をシェアする
(新婦の気持ちはいったい…)
(新婦の気持ちはいったい…)

愛する人との挙式を、亡くなった父にも見守ってほしい。そう切望したインドネシアの男性が、父の遺体を前に最愛の女性と永遠の愛を誓い合った。



インドネシアで暮らすあるカップルが、7月11日にボルネオ島の東カリマンタン州サマリンダにて式を挙げた。新郎新婦の前に横たえられているのは、なんと新郎が愛し尊敬していたという父親の亡骸。挙式を前に父親が急死するという不運に見舞われてしまったというが、この新郎は「父さんも僕の式を見たがっていたから」という点を重視 - 挙式と葬式の同時開催を決意したという。

ちなみにこの新婚夫婦だが、もともとは新型コロナウイルスの感染拡大の影響を懸念し挙式延期を決めていたのだという。それでも新郎の父親が運動の途中に心臓発作で死去したことから、挙式を延期するというプランを撤回。「父さんの体は死んでも、心はまだ残っている」「挙式は絶対に父さんに見てもらわなくては」と新郎が主張し、挙式と葬式を一気に開催したというのだ。

「父さんは、確かに死んでしまった。でもこの部屋に、父さんの魂はまだ残っているんです。この縁起のいい挙式を、父さんも祝福してくれているのです。」

しかし時期については決して「よかった」とは言い切れず、先日はやはり海外で開かれた挙式で多くのゲストが新型コロナウイルスに感染。式前に体調を崩していた新郎がスーパー・スプレッダーだったとみられ、新郎はその後ほどなくして新妻を遺し死亡している。大好きな父のために - その一心で人を集め開催したという葬式と挙式だが、これが原因で新婚夫婦にとり大事な家族、親戚、友人らが体調を崩さないことを願うばかりだ。

また挙式の主役ともいえる新婦も、ひたすら号泣する新郎の親族と義父の遺体を前にし、たまらなく複雑な思いだったに違いない。



画像:Credit: CEN

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
「コロナは嘘、でっちあげだ」 パーティーに参加した男性が壮絶コロナ死
パンデミックは悪夢、まだ先は長い」 米専門家の予想が怖い
「コロナ感染の祖母を救いたかった」 命をかけた孫の願い叶わず
「コロナ最前線で働く娘を抱きしめたい」 我が子をシーツにくるみ抱擁した母
新型コロナ感染者が駅で他人の顔にツバ 乗車後に死亡する