猟奇殺人か… 指を切断され肌を剥がれた女性の遺体が見つかる <米>

この記事をシェアする
(指を切りおとし、肌も刃物で…)
(指を切りおとし、肌も刃物で…)

新型コロナウイルス騒動の裏で、多数起きている猟奇的な殺人事件。このほどアメリカで発生した事件も異常なもので、遺体の状態がひどかったことから関係者も震え上がったと報じられた。



米国・オハイオ州で暮らす元囚人(35)が暮らす敷地に、「若い女が入ったタルが置かれている」という妙な噂があがった。この不気味な話を聞きつけた警官隊が、男に事情を聴こうと自宅に急行。男は玄関先で警官らを見て腰を抜かし、いきなり家の中に入るとそこから裏庭に駆け出たという。

警察がすぐに後を追い、裏庭に置かれたタルを男が持ち上げフェンスの向こうに投げ捨てる姿を目撃。警官たちはフェンスの向こう側に回り、タルの中身を確認した。

内部を見たところ若い女性の全裸遺体が詰め込まれていたが、腐敗が進行しハエがたかっていたという。事情を聴かれたこの男は「俺が殺したワケじゃない」と断言。「確かに一緒にはいた」「でもドラッグをやって目が覚めたら、女の首つり遺体が地下室にあったんだ」と話したというが、遺体の指はすべて切断されていたほか、タトゥーをほどこされた肌は鋭利なもので剥がされていたとのこと。女性の指紋や体の特徴を隠す証拠隠滅行為にも思えるが、男は切り取った部位もボールに入れて自宅で保管していたという。

殺害した事実はないとしながらも、指などを切除し遺体を隠したことは認めたこの男。警察は女性につき調べを進め、その結果「21歳の女性であることが判明した」と公表している。

検視結果や男の話を総合し、当局は女性が死亡した日は6月30日であると発表。男は女性の遺体を数日放置した後に刃物で傷つけ、タルに詰め込んだとみられている。

他殺なのか、それとも自殺なのか - それについては「まだ判断できない状態」というが、警察は男の身柄を確保し事情聴取を続行中だ。



画像:Middletown Police

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
腕をムキムキにした男性 「切断か死が待っている」という恐ろしい診断を受け手術
ロシア人美女 性的拷問や凄まじい暴行で男性2名を殺害
必死に隠れた犯罪者がうっかり放屁 爆音に気づかれ逮捕
ヒトラーを崇拝する元恋人に恨まれた美女 拷問の末に殺害される
尻からダイヤ44粒 最低男が逮捕される