驚異的な長さを誇る美脚 身長205センチの29歳アジアン女性がすご過ぎる!

この記事をシェアする
なんと細長い脚なんだ…(画像はInstagramのスクリーンショット)
なんと細長い脚なんだ…(画像はInstagramのスクリーンショット)

モンゴルの出身で、現在はアメリカのシカゴに暮らしているという29歳のレンツェンコールー・バッド(Rentsenkhorloo Bud)さん。彼女は腰骨からカカトまでが、なんと134.1cmもあるそうだ。



身長は6フィート9インチ、日本でいうと205.7cmもあるというバッドさん。自身の美脚を道行く人々が注目し、目を丸くして眺めてくることが快感になっているという。最近「世界で2番目に長い脚」と正式に認められたこともあり、今はこの細長い脚が自分の体のなかで最も好きなパーツだそうだ。

細くて折れちゃいそう…(画像はInstagramのスクリーンショット)
細くて折れちゃいそう…(画像はInstagramのスクリーンショット)

両親ともに高身長と、遺伝子的にも背が高くなることが期待されたバッドさん。小学1年生で身長が168cmもあり、ぐんぐん伸びた思春期には「その背が奇妙だ」といじめられたこともあった。だが、大変な美脚を武器にいつしか高身長向けレギンスのモデルとして稼ぐように。時代の変化で高身長が「美」の要素と言われるようになってきたことが、今では嬉しく感じられるという。

目下の悩みは、好みの服を探すのに苦労すること。アメリカならどうにかなるかと思ったが、縦に長いと横にも太く、巨大なサイズはあっても細長いパンツなどはお目にかかれないといい、どうしてもオンラインでの購入ばかりになってしまうそうだ。

ちなみに『ギネス世界記録』で世界ナンバーワンの長い脚と認定されたのは、テキサス州オースティン在住のメイシー・カラン(Maci Curran)さん。まだ10代だが、腰骨からかかとまでが134.6cmと、わずかにバッドさんより長いようだ。



画像:『Instagram』rentsenkhorloo_bud

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
トランプ大統領の息子、12歳にして身長190cmか 母メラニアも180cmの高身長遺伝子
トランプ大統領の息子バロンくん 14歳にしてついに身長2メートルか
身長195cmのトッテナムMFエリック・ダイアー 観客席の暴言男に詰め寄る<動画あり>
<動画>天性の才能と英才教育と! C・ロナウドの弱冠2歳の息子が魅せる驚きのキック・センス
ピアース・ブロスナンの身長196cmのモデルの息子、「超人的な小顔」にびっくり