武装した男たちが出産中の女性を襲撃 銃弾を浴び赤ちゃんも死亡 <南ア>

この記事をシェアする
(出産の最中に起きた大惨事)
(出産の最中に起きた大惨事)

女性が被害者となる凶悪事件がたびたび起きている南アフリカで、またしても悲惨な事件が発生した。



長い妊娠期間を経た女性(32)が、6月21日に分娩の時期を迎えた。出産する場所に選んだのは、病院ではなく自宅。必死に陣痛に耐え赤ちゃんを産もうとしているそのタイミングで、自宅に武装した男たちが侵入した。

男たちは、その様子を見ても迷うことなく銃口を向けて発砲。女性、また近くにいた男性数名が銃弾を浴び病院に搬送されたが、女性と生まれかけの赤ちゃんはそのまま死亡した。この事件については被害を受けた男性のひとりがターゲットだったという見方があり、女性と赤ちゃんは巻き添えになって殺害された可能性も。犯罪組織が事件にかかわっているのかなどは判明していないが、治安が非常に悪い土地で起きた事件だった。

ちなみに女性には3人の子がおり、1人は里親が育てているとのこと。女性は2人の子を育てていたというが、父親に関する情報や子供たちが今どこで暮らしているのかなどは伏せられている。犯人は今もなお逮捕されていない。

生まれようとしていた赤ちゃんがこのような形で亡くなり、世間からは「またか」という声も。というのも、南アフリカでは女性と子供が狙われる事件が頻発中。少し前には妊娠8ヶ月の女性が刺殺され、木に吊るされた状態で発見されるというおぞましい事件が話題になったばかりだった。



画像: Central European News

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
事故死直前に撮られた自撮り動画も… ロシア発のインフルエンサー(18)の死に恋人は絶句
腕をムキムキにした男性 「切断か死が待っている」という恐ろしい診断を受け手術
まるでアイコラ 超マッチョな美女Yeon-woo Jhiさんに“弱い男”たちメロメロ!
ヒトラーを崇拝する元恋人に恨まれた美女 拷問の末に殺害される
あの人は今 ドラマ『大草原の小さな家』ローラ役女優54歳、豊胸バッグ抜去も話題に